« Tutchy流「仕事と趣味(音楽)の両立(?)」 | Main | ウェルカム・トゥー・「エイカイワー・ニューモン」! »

「一人になりたい。」と思うとき

(注:このコンテンツは過去にホームページに書いたものをそのままの形で移行しています。リンク切れ等は修正していませんのでご了承下さい。)

「一人になりたい。」

おそらくこれを読まれている皆さんも、一度は口にしたことがあると思いますが、これっていったいどういう時に思うのだろうか。ということをふと、思ったのでこれをテーマに書いてみようと思います。
私も、「一人になりたい。」と思うときがしばしばあります。それはどういう時か、というと、例えば・・・

(1)仕事で、次から次へと積み上げられ、スケジュール通りにことが進まない場合
(2)曲のイメージが湧いたとき、誰にも邪魔されずに作曲に打ち込みたい場合
(3)たくさんの相手にEメールを出すが一件も返事がなかった場合(笑)
(4)家で妻のグチを聞かされ、あげくの果てに自分に対する文句を言われる場合(苦笑)

等、枚挙にいとまがありませんが(笑)、これって実際どのような感情の時に思うのだろうか、考えてみると、以下の3パターン(もっとあるかも知れないですけど)があると思うんです。

(a)今の状況では、本当に一人にならないと何も進まない場合
(b)気分的に一人の方が、他の人がいるよりもいい、という場合
(c)もう誰とも接点を持ちたくない、というどこか寂しさをまとった場合

私の例でいくと、
(1)は(a)ですね。例えば一人別の部屋等にこもって仕事するとかだと上司から仕事を言われる機会が減るのでいいことです(でも電話があるか。いや電話の方が直接面と向かって言うより断りやすい(苦笑))。
(2)は(b)が強いかも。やっぱり集中力が勝負ですからね。趣味で楽しむんですから。私の場合はすべて一人で作るのでこういうことなんだと思います。でもバンドだとみんなと一緒に作る楽しさがあるのでこだわらないです。
(3)は(c)かも知れません(笑)。やっぱり寂しいですよね?ね?(同意ヲ求ム目)
みんな忙しいのかなぁー。こんな私にだれかメールくださーい(笑)
何をそんなことぐらいで、という生マジメなツッコミは受け付けておりません(爆)
(4)は(b)と(c)の中間でしょうか。グチは聞いてあげてもいいんですけどね・・・
でもいつもは仲いいんですよ(本当)。ケンカするほど仲がいいって言うし(自爆)。
いやホントに仲いいんです!(涙笑)

皆さんはどうでしょうか。「こんな時!」っていうのを打ち明けたい方はメール下さい。
ご希望なら、ここに補足で追加していきましょう。↓

実はこの話を書き始めたのは上でいう(c)の気持ちがあったのかもしれません。
「好きな人のことで夜も眠れない」という人は、その人向けにラヴレターを書いてみるのがいいそうです。意中の人が読んでくれるのを想像し、夢中で想いを打ち明けて、書き上がったころにはその充実感でスッキリし、眠れる、ということなんですって。
だれが言ったか忘れましたが(笑)
私も、この「一人になりたい。」という気持ちも、皆さんに読んでもらうためにこうやって書いていると、そういう気持ちは無くなってしまいました。
これはなんということだ、スゴイことです(笑)

したがってこの「一人になりたい。」を止めるには誰かを求めることだ、という当たり前の結論に達してしまいました(笑)
やはり「一人になりたい。」っていう気持ちは、そう長く続かないのですよね。いずれにせよ、時間がたてば、誰かを求めて行動を起こすんだと思います。

ということで、自分の思いを伝えるべく文章をすぐ発信できるインターネット、というのはなんて素晴らしいのだ!!と再認識する今日このごろです。(笑)

それでは、また。(^^)/

|

« Tutchy流「仕事と趣味(音楽)の両立(?)」 | Main | ウェルカム・トゥー・「エイカイワー・ニューモン」! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4518559

Listed below are links to weblogs that reference 「一人になりたい。」と思うとき:

« Tutchy流「仕事と趣味(音楽)の両立(?)」 | Main | ウェルカム・トゥー・「エイカイワー・ニューモン」! »