« ウェルカム・トゥー・「エイカイワー・ニューモン」! | Main | ひとことを、言いたい(書きたい)ときには・・・・・ »

あスリー・ツー・あハイテンショーン

(注:このコンテンツは過去にホームページに書いたものをそのままの形で移行しています。リンク切れ等は修正していませんのでご了承下さい。)

まだまだ残暑がきびしいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こう暑いと、「残暑がきびしいザーンショ!」とおやじギャグをかましてみたり、「あつは、なついねぇ」等と、もうどうしようもないこと言ってしまったり(これ私)、「ガスですが!!」と回文を作りたくなってしまう方もいらっしゃると思いますが(いねぇヨ(^^;)、この暑さを紛らわすために、ついついテンションが高くなりがちですね(私だけでしょうか)。今回はこのテンションが高くなる「ハイテンション」について書いてみたいと思います。

私が「ハイテンション」になる時、というのはまず「音楽を聴くとき」でしょうか。特にノリのいい音楽を聴く時(DIMENSIONなんかそうですね。このコラムのタイトルもDIMENSIONを聴かれる方は分かると思います(^^;)はすこぶるハイテンションになり、通勤途中には歩く速度が上がり、家で聴いてるときには妻にしょうもないギャグをかまして煙たがられたり(笑)するわけです。テンションが高くなるとノリのいい曲を思い浮かんだりするんですが、たいていDIMENSIONに似てしまいます(爆)。
もうひとつ「ハイテンション」になるときがありますね(^c^)。もうこれは人間誰でもそうだと思いますが、「異性の話をするとき」ですね!!私の場合はもう奥菜恵には目がありません(妻も認めてます)。ドラマで、CMで、彼女の姿をみると自動的に心はハイテンションになり、その後の最低1時間は気分がいいです(^^)。
ただ、男性同志になると(女性同志でもそうかも知れんが(^^;)、もう絶対に話に出て来るのは「下ネタ」で、これがでるともうこの話題は誰にも止めることができませんね!もう「○○の××を△△して□□の・・」と、もう伏字でもしないとここには書けない(これじゃわかんないよ)です。この時間が一番楽しかったりする方は結構いるはず。あと、例えば友人とドライブしているときに、「ハイテンション」な話題で盛り上がろうってときにいまいちテンション上がらないってことがあると思うんですが、そんなときはもうこの「下ネタ」を起爆剤としてどこまでも突っ走っちゃいますね、私は(^^;;。特に仕事のストレスがたまっている、なんか他にもたまっているときにはもうドカーンと!!・・・もうやめときましょうか(^^A;;。
(ただこれが使えるのは夜だけなんですよね。昼の明るい時にはなんとなく見られている気がして(^^;)

逆にすごくテンションが低い、いわゆる「ローテンション」(なんか順番に交代するみたい。それは「ローテーション」(おやじ爆))なときには、皆さんどうするでしょうか。公園などに行って心を休めるのでしょうか。友人と会って会話を弾ませるのでしょうか。
私なんかテンション低いときはもうどうしようも無く落ち込みますね。友人から誘いがあればのりますが、自分からはあまり求めないんです。ただずーっとテンションが低いのはイヤですからfourplay等のやさしい、透き通った音楽でリカバリ(^^;します。それで弾みをつけて聴くのはCASIOPEA。もうJapanese Most Popular Fusion Bandです。怖いものはありません(笑)。16分ウラウラのキメを聴くとこれでもうテンションは上向いてきます。 ぱっ!ぱっっぱっっっぱっ!と、もう(笑)。あとはコンサートやライブがあるときはそれに乗じてノリまくり、叫びまくり、翌日喉が痛くて声が出なかったり(笑)します。やっぱり私は音楽とともに生きてきたらしく、テンション高いときも低いときも、音楽さえあれば事足りる体になっているのかも知れません。
まぁとにかくデンション低いときは、自分の好きなことをするのが一番いいんだと思います(^^)。
と、えらく簡単にまとめてしまいました。(^^;

それでは今回はこの辺で。暑さにめげずお元気で。(^^)/

|

« ウェルカム・トゥー・「エイカイワー・ニューモン」! | Main | ひとことを、言いたい(書きたい)ときには・・・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4518777

Listed below are links to weblogs that reference あスリー・ツー・あハイテンショーン:

« ウェルカム・トゥー・「エイカイワー・ニューモン」! | Main | ひとことを、言いたい(書きたい)ときには・・・・・ »