« リフレッシュ | Main | 新しい季節 »

音楽に学ぶこと

(注:このコンテンツは過去にホームページに書いたものをそのままの形で移行しています。リンク切れ等は修正していませんのでご了承下さい。)

みなさん、こん○○は。Tutchyです(^^)。

さて、みなさんは、フジテレビの知的探検スペシャル「稲垣吾郎の音楽狂時代」、ご覧になりましたか?
私は4夜とも見ましたが、結構ためになるものがありました。「1/fゆらぎ」なんか、「なるほどな」と思いましたもんね。SMAPの「ライオンはーと」聴いたとき、なんか不思議としっくり来る、そんな体験ありませんでしたか?「なぜにこんなにも馴染む曲なんだろう」と思ったのは、私だけではないハズ(^^)。
歌うと「気持ちイイ」というのは、ホネで感じてたんだ、とか、告白するときには「アップテンポ」の曲がイイんだ、と、一瞬どっかで聴いた「告白するなら食事中に」というセオリーとダブる部分があったのですが(^^;、確かにアップテンプな曲は心拍数が上がり、興奮状態になるのは確かなことで、理論もウソじゃないよな、と思うところがありました。
「癒しの音楽」の由来は大自然に由来するものだ、ということで、自然の音(波の音とか心臓の鼓動とか)をMIDIファイルに変換してピアノで鳴らしてましたけど、メチャクチャですね(^^;。とても、単体では聴ける音楽じゃぁ無いです。でも、試みとしては大変面白い、って思いました。

なるほど、音楽を科学的に検証するのは、すごくいい試みで、納得させられる部分が大部分でした。しかし、それを踏まえたところで、はて、「万人にウケる音楽を作れるのか」と考えると、とてもムリですよね。音楽ほど「個人の志向が強く出る」ものって他に無いと思うんですよね。その中で「Fusion」っていう、日本ではどちらかと言えば「少数派」な音楽を嗜好、(あるいは志向?)する私は性格がタイプ4な為、趣味や興味が同じ人を探そうとするが、身の周りにゃ「Fusion」聴くひとは全然いなかったですね(^^;。まぁこういう人間なわけですから、自分が作る音楽も、他人のことなんか考えず、マイペースに「Fusion」を意識して作っています。自分の意識からすると、自身の好む様に作る、(すなわち万人受けしない(^^;)音楽になっちゃうんですよね。
ま、しかし(今んとこ)音楽でメシを喰ってるわけじゃないし、逆にパソコン好きな人は結構フュージョンも聴く、んでもって鉄道(のダイヤ)やバス(の系統)にも詳しかったりする(すなわち共通するものは「マニアック」な)ので(^^;、そんな人にウケる音楽なのかなー、と漠然的に思ったりします。(もちろん自分の曲はマニアだけ対象にしている、とは思っていませんが(^^;)

・・・とにかく、これだけ「音楽漬け」な4日間を過ごして、とてもトクした気分です。トーク、トック、トクトック!(何か風に)
最近は特に、音楽を「作るひと」にとっては、売れる音や、テクニックに走りがちなんですけども、私はこれからもタイプ4的に(^^;、マイペースに、他人に気に入ってもらおうとは変に媚びず、自分の思う通りに曲を作っていくのは間違いありません。まぁ、その方が個性があっていいじゃぁないですか(誰に媚びとんねん)。
さぁ、教養を吸収した音楽を、こうご期待!!って、何も変わらないとは思いますが(^^;
まずは早いとこ作りかけの曲を仕上げないとね(;_;

では、またお会いしましょう(^^)/

P.S. E E JUMPのソニンが、水野美紀に似てるって、ホントウですか?

|

« リフレッシュ | Main | 新しい季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4519666

Listed below are links to weblogs that reference 音楽に学ぶこと:

« リフレッシュ | Main | 新しい季節 »