« 新しい季節 | Main | blog事始め »

あれから一年

(注:このコンテンツは過去にホームページに書いたものをそのままの形で移行しています。リンク切れ等は修正していませんのでご了承下さい。)

みなさん、こん○○は。Tutchyです(^^)。

大変ごぶさたしておりました。約1年ぶりのコラムです。いちおう生きております(^^;。昨年4月に更新して以来、私に様々な出来事があり、更新する意欲すら無くしていましたが、また再び、小リニューアルして、再開します。当面はコラムしか更新できないと思いますが、よろしくお願い致します。また、偶然このページを検索エンジン等で見つけられた方は、これも何かの縁、今後ともよろしくごひいきの方、お願い致します。

さて、「様々な出来事」というのは、まず勤務先が変わりました。以前の会社で、職場の様々なミスマッチによって燻っていた私に待ち受けていたのは「配置転換」命令でした。職場を見回して、何故私が選ばれたのか、納得する部分も、納得できない部分もありましたが、最終的には「環境を変えよう」と思い、命令を受け入れました。
住み慣れた大阪を離れ、神奈川へ単身赴任。まもなく生まれる子供をお腹に宿した妻は、会社の方針もあり、大阪に残りました。しばらくの研修生活。研修後に新しい職場に配属されるとのこと。会社の危機に迫られたのを強調するような、付け焼き刃な研修内容は、システムエンジニアとして激務に追われていた日々に比べれば、なんて中身の無い、充実感のない生活。徐々に増えていく研修仲間。毎週の様に呑みに行っては、溜まったウップンの吐き出し合い。一瞬、ストレスが消えるような感じはしますが、しばらくすると、また「知らない土地での独り暮らし」の空虚感が押し寄せてきます。休日になる度に、そういう気持ちを紛らわせるために、毎週のように、都心部に自転車で(^^;出かけました。

そうこうするうちに、子供が生まれました。元気な男の子でした。残念ながら、生まれてすぐに抱き上げることができませんでしたが、数日後に駆けつけ、妻を労うとともに、初めて見る「我が子」に感動しました。デジカメやビデオで撮影し、寝ている子をジッと眺めては、この世に生まれてきた、新しい命を実感していました。
子供が生まれた後も、単身赴任生活は続き、月に2〜3回、実家に帰る生活が続き、毎日わが子を見ることができない「もどかしさ」を感じながら日々を過ごしていました。命令を下した会社がうらめしく思えたりもしました。

そんな状況が数カ月続いた後、新しい職場が決まりました。前いた会社の関連会社です。職種的には同じSEとなりました。まさか、会社が変わるとは思ってませんでしたが、気持ちを入れ替える上で、大企業にぶら下がってるよりは、小さい会社で揉まれてみよう、そう思いました。技術的には最先端。それだけに覚えることは沢山あり、しかも多岐にわたります。周りを見ると大卒や院卒ばかり。高卒で、同年齢があまり周りにいない、しかも見かけ上中途入社に見える私は、完全に浮いています。関東の会社で関西弁の私は、なかなか馴染めません。簡単に言えば、自分のことを何も話して無いのに、何故かみんな知っているみたいで、遠回しに確認されるような事が続き、少々人間不信にもなりましたが、時間を重ねるにつれ「そういうものだ」と思うと、あまり気にならなくなりました。「まだまだ人生長い。技術を身につけて、いざとなれば・・・」と思いながら。

年が明ける前に新居も賃貸契約し、神奈川にて親子3人での生活が始まりました。3人で生活しだして、やっと「大阪との違い」がはっきりしてきました。「物価が高い」「なかなか友達ができない」「周囲が冷たい」など挙げれば枚挙に暇がありませんが、大阪に戻りたいという強い気持ちを持つようになりました。いろいろリクナビ等のサイトを見たり、求人に応募したりもしましたが、うまくいきません。勤務地、年齢、学歴で、どうしても仕事は限られてきてしまい、自分にマッチする企業が少ないのです。

そんな中、かねてからガンで療養中の父が亡くなりました。晩年は離れて暮らしていたので、実感は全然ありませんでした。実家から柩に付き添い、一晩式場で泊まり、葬儀、告別式、火葬、初七日、埋葬と続いても、まだ実感はわきませんでした。
ひととおり済んで落ち着き、遺影を眺めていると、少しずつ「もう父はいない」という意識が生まれてきました。遺影の父は、時に笑ったり、時に怒ったり、いろいろな表情を見せるような気がします。おそらく不本意な人生を送ったであろう父のことを思い、自分は「体には気をつけて、悔いの無い人生を送ろう」と、そう心に決めました。

今この文章は、親の実家の奈良で書いていますが、のどかな自然の山々と、透き通るような青空を見ながら、気持ちをリフレッシュして、仕事、趣味の音楽、子育て、そしてこのコラムの更新をしていこうと思っています。

・・・久しぶりに真剣な文章を書いたような気がします(^^;。まぁ今後は、少しずつコンテンツをいじくって、いろんなことにチャレンジしようと思ってますので、今後の成り行きを見届けていただければ、と思います。

またちょくちょく更新しますので、お楽しみに(^^。
では、またお会いしましょう(^^)/

|

« 新しい季節 | Main | blog事始め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4519719

Listed below are links to weblogs that reference あれから一年:

« 新しい季節 | Main | blog事始め »