« 二日酔い | Main | オフラインモード »

帰省して

約10ヶ月振りに、大阪に帰省した。

しばらく見ないうちに、以前住んでいた街は、随分と変わっていた。
大型のスーパーやホームセンター、家電量販店が次々と開店していた。駅すぐ近くのプラスチック工場も無くなって、マンションと一戸建てが分譲されるらしい。

最近の経済を象徴しているような気がした。個人商店や町工場が振るわない一方、勝ち組の企業が工場跡地等に一気に出店して、地元以外の客も集める。
消費者にとっては、品揃え等で便利になる一方、地元人のつながりが希薄になっていくような気がする。

地元には、今も長い商店街がある。もちろん、それぞれが個人商店で対面販売である。惣菜屋なんかでも、店主といろいろ会話しながら、商品を選んで、袋に詰めてもらう。価格ではスーパーに叶わないかも知れないが、何か昭和の雰囲気を今も残していて、心が和む。

もちろんスーパーでも、客に対して心地良い対応をしてくれるお店は存在するが、バイトへの教育が悪いのか、対応のあまり良くない店もたくさん存在する。レジにしても、「いらっしゃいませ」や「ありがとう」が無いと、「この店やる気無いな」と思ってしまう。
私の感覚としては、価格の安さより、対応の良さでお店を選んだりする。もちろん客としてわきまえなければいけないのは当然だが、ハナから客に対して高圧的な態度を取る店員のいる店などは気分が悪い。

私が以前、とあるスーパーで体験した例を書く。
店内でベビーカーに乗せた子供がグズるので、仕方なく降ろし、連れ合いに子供を任せ、私はベビーカーだけ押して店内をまわっていた。すると店員が、まるで万引きを疑ってるかのように、後ろから付いて回ってきた。そして通路から追い出されると、万引きした訳でも無いのに、思いっきりニラまれた。
そんな店員のいる、某マ○エツ子母○店(一部伏せ字)みたいなところには、よほど欲しい商品がそこにしか無い、というのでない限り、今後二度と積極的に行こうとは思わない。

いろんな店を回っていても、イトーヨーカドーやイオン系の店、あと関西スーパーでは、イヤな思いをした経験は、ほとんど無い。やはり、店員の対応が良い、という印象が強く残っている。何か商店街で物を買ったときの、なんとなく和んだ気持ちが思い起こされる。世間から「勝ち組」と言われているのも分かる気がする。売り上げが伸びないと言われている某D系も、客対応をもう少し考えた方がいいと思う。

大きな量販店、小さな個人商店、それぞれ良さはあると思うが、結局は「接客」が重要なファクターであることは間違い無いだろう。
なんとか話がまとまったところで(^^ゞ、まだまだあるゴールデンウィークを地元で有意義に過ごそうと思う。
以上、いち消費者の意見として。

人気blogランキングへ

|

« 二日酔い | Main | オフラインモード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/522996

Listed below are links to weblogs that reference 帰省して:

« 二日酔い | Main | オフラインモード »