« オフラインモード(その2) | Main | 誕生日 »

なじみの定食屋

最近、良い定食屋を探している。

お昼ごはんは、たいてい外に食べに行く。飲食店というと、最近はデフレの影響もあり、300円出せば豚丼(以前は牛丼だったが)が食べられる。もっとケチりたければマクドのハンバーガー1個(84円)というテもある。実際、店にはバーガー1個を買い求めに来るサラリーマンが多いと聞く。

しかし、ハンバーガーひとつで昼食を済ます、というのは私にはガマンできない(足りない)。マクドで満足しようと思うと結局600円は行くので、それくらいならちゃんとした「ごはん」を食べに行く。もし会社に社食があれば、それでも良いのだが、あいにく今の勤務先には無く、なるべく安くて、しかも満足できる店を追い求めている。

以前、東京の郊外で仕事をしていたとき、そこの社食の店員(?)愛想がひどく悪く、メシが不味くなる程に不愉快な気分になり、「たとえ飢え死にしてでも、ここでは二度と食うまい」と心に決めた(^^;。
そこで、外で食べ歩いていたのだが、とある普通の定食屋を見付け、入ってみた。5〜6人座れるカウンターに、4人がけのテーブルが3つと、「普通の」広さである。夫婦でやっているらしく、旦那さんが厨房、奥さんが接客と配膳を主に切り盛りしていた。いくつか定食があり、値段は600円からと、結構安い。

ただこの店は、ただ安いだけではなかった。「たくさん食べられる」のである。写真が無いのでイメージが伝わるかは疑問だが、定食は大盛りキャベツと、キュウリの漬け物、野菜たっぷりの味噌汁が付いてくる。日頃野菜が不足がちの私には、これだけでもウレシイのに、肝心のメインのおかずは、これまたデカイのである。からあげは肉だけで普通の2倍ぐらいあろう、それに衣がたくさん付いたどでかいのが5個付いてくる。メンチカツは直径10cm、厚さ2cmぐらいはあるものが2枚付いてくる(^^。それらを野菜と一緒に皿に盛られると、いまにもこぼれそうである。それを目一杯お腹にかき込むと、どれもこれまたウマい。めちゃ満足である。

店のおばさんは愛想良く、「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」を笑顔で言ってくれる。食事中でも水をくんでくれたり、ソースの出を気にしてくれたり(^^;、気配りも十分だった。中にはこれが「目障り」と思う人もいるかも知れないが、私にとっては非常に心地よかった。この気配りはバイトの店員には出せまい、と思った。こういうお店はだんだん減ってきているように思えるが、それについては書きたいことはたくさんあるので、また別の機会に述べようと思う。

そのうち勤務先が変わり、その店には行けなくなってしまったが、後にも先にも巡り会えない、そんな良いお店だった。ただ安いだけ、ウマいけど愛想が悪い、そういう店は数多くあれど、そこは「安く」「旨く」「心地よく」、3拍子揃ったような、貴重な存在のお店であったと思う。

早く次の「なじみ」を見つけたいものである。

人気blogランキングへ

|

« オフラインモード(その2) | Main | 誕生日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なじみの定食屋:

« オフラインモード(その2) | Main | 誕生日 »