« 環境整備 | Main | ニッポン復活 »

鉄道DATAFILE

最近、タイトルのDVDを見ることが多い。

そもそものきっかけは、もうすぐ2歳になる息子であった。家族で街に出て線路そばを歩いている時、通りすぎる電車の方を注視して「おー、おー」と興味を示すことが度々あり、どんなに泣いていても電車を見ると機嫌が直る(^^;ことを知った。それと同時期ぐらいに、ちょうどテレビで「鉄道DATAFILE」のCMが放送されていて、「DVDコレクション」の第1号が半額の890円(!)ということも知り、電車好き(?)な子供に買ってあげる目的で、DVDを書店で購入した。

家に帰ると早速、子供のために再生してあげた。第1号のテーマが、ディーゼル機関車「DD51」というマニアックな(^^;内容にもかかわらず、当時まだ1歳半だった息子は、テレビの画面を、食い入るように眺めていた。

その後も度々、機嫌が悪くなっては、「いないいないばぁっ!」のDVDと交互に再生してあげたのだが、ワンワンやふうかちゃんより「DD51」の方が幾分か効果があるようだった(^^;。気を良くした(「しめた」と思った?)両親は、第2号「電気機関車 EF66」も買い与え、たびたび息子と一緒に鑑賞した。やはり機関車には興味をひかれるのか、息子は画面に写る車両を真剣に見つめていた。しかし台車とかパンタグラフの話になると、別のおもちゃで遊び始めるので(^^;、どうやら興味は車両だけのようだ。
余談だが、「DD51」や「EF66」のプラレールも安売りで買い与えると、息子はそれを床で走らせて、喜んで遊んでいる(^^。

鉄道DATAFILE DVDコレクション」は、もともとが大人向けの内容なので、私にも楽しめる。オープニングのBGMや、数々の走行シーン、全般検査の模様など(^^;、興味深い内容の連続である。熱心に見ていると、いつのまにか息子が別の場所で遊んでいることもある(^^;;。テーマとして、昭和30〜40年代に製造された、比較的歴史の古い車両を取り上げているので、日本の鉄道史を振り替えっているようで、面白い(^^。

今は専ら興味のあるテーマの時だけ購入して、息子と一緒に(?)楽しんでいる。シリーズが終る頃には、鉄道博士になっているかも知れない。

・・・いや、息子だけでなく私もね(^^;。

人気blogランキングへ

|

« 環境整備 | Main | ニッポン復活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/793443

Listed below are links to weblogs that reference 鉄道DATAFILE:

« 環境整備 | Main | ニッポン復活 »