« 指輪の価値(後編) | Main | 鉄道の旅 »

ホームページの意義

今、自分のウェブサイトをどうしようか、考えている。

主にコラムと音楽を公開している私のサイトは、以前は書きたいことが見つかったり曲ができた時にアップしていた。数年前に自分の周りでいろいろあった時は更新できなかったが、ブログを書き始めてからは、また少しずつ手直ししている。

しかしブログの手軽さが身についてしまうと、HTMLを書いてアップするのが、なかなか億劫になる。コラムのページなどはブログへのリンクを張って放置状態だ(^^;。

しかし音楽の方は、ブログからでも聴けるように、ページの構成を変えたりしている。以前作曲した自分の曲を聴いていると、新たな創作意欲も湧いてきている。

昨年秋にメインのプロバイダを変更し、最近Web上のリソースを整理したのだが、自作曲のMP3の存在もあり、50MBの容量がカツカツになった。これでは新曲が完成しても容量の関係で公開できない。

こうなればいよいよ自宅サーバか、と構築も考えたが、いろいろ情報を集めていると、そもそも現在加入しているJ-COMのCATV回線ではサーバの設置が不可なことがわかった(--;。これはたぶんサーバにアクセスが集中した場合にテレビの視聴にまで影響があるか、担当のスキルが無いからなのだと勝手に思っているが、良く調べずに加入してしまい、かなり後悔した(^^;。

更に調べてみると、普通のデスクトップパソコンをサーバにして1日24時間立ち上げていると、1ヶ月で数千円の電気代がかかるそうだ。電気代を抑えるためには「Be Silent」等のファンレスな省電力PCが欲しいところだが、あいにく先立つものが無い(^^;。

結局、自宅サーバを実現するのにかかるコストを考えると途方に暮れてしまうので(^^;、ホスティングサービスを利用することにした。いろいろ探し、月数百円で300MB貸してくれるところに申し込んだ。

とりあえず私としては、前の会社で身に付けたServletを使って、いろいろゴリゴリやりたいこともあるのだが、それをホスティングサービスで実現するには月数千円の出費になってしまう。そんなにお金をかけたくない私は(^^;、とりあえずServletは自宅サーバが実現するまでガマンし、CGIを使って何かやろうと思っている。手始めにはアクセスカウンタが良いところかも知れない。

サーバ構築と同時に曲の制作もどんどんしていこうと思っている。保存できるファイル容量が増えた分、既存曲の着メロ(SMAF)化もして、いろいろ置いてみようと思っている。しばらくは試行錯誤の毎日が続くだろう。

しかし、こうして考えていると、疎かになりがちだった私のウェブサイトにも、存在意義が見えてきたような気がする。少し前に「ホームページ3年限界説」などと言われたものだが、ブログの影響を受け再び息を吹き返すページも少なくないだろう。私のサイトもこの勢いに乗って充実したものにしていこうと思う。

・・・もちろん、家族サービスも忘れない程度でだが(^^;

人気blogランキングへ

|

« 指輪の価値(後編) | Main | 鉄道の旅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホームページの意義:

« 指輪の価値(後編) | Main | 鉄道の旅 »