« レジ袋の「使い道」 | Main | 飛び込む勇気 »

「地下鉄」と「特急」

やはり「座って」帰りたいのは誰も同じだろう。

小田急ロマンスカー地下鉄千代田線に乗り入れさせる計画があるようだ。現在のロマンスカー車両だと大きくて乗り入れができないので、新たに「専用車両」を作って導入するようだ。

特急車両が地下線を走ることは珍しいことでは無い。近鉄特急は上本町〜難波は地下を走っているし、新幹線上野駅は地下ホームだ。しかし地下と言っても、大きな特急車両が十分に入るように、広々とした感じがある。また、大阪市営地下鉄堺筋線には阪急の急行が乗り入れていたり、急行列車が地下鉄に乗り入れることも少なくない。

私は小田急千代田線も使ったことがあり、乗り入れ車にも乗ったことがある。確かに地下鉄内に普通の近郊車両が乗り入れているのには見慣れているが、そこにロマンスカーが現れる、という「光景」はどんなものだろうと考えると、非常に見てみたい(^^;。ファンにとってはマユツバものだろうと思う。

計画では湯島から町田・相模大野方面まで「乗り入れ特急」を走らせる予定という。確かにラッシュ時の小田急線の混雑は殺人的で(^^;座るのはもちろん、乗るのも「至難の業」の時がある。現行の(新宿から出ている)ロマンスカーが、ほぼ満席であるというのもうなずける。そんな状況下で「乗り入れ線にもロマンスカーを」という乗客の要望も多いとのことだ。

人の多い首都圏では、長距離通勤をする人も多く、「指定席」で座ってらくらく通勤できる列車への需要もやはり多いと思う。関西では帰りの「ライナー」系の特急は見るが、普通の列車で「指定席に座る」感覚があまり無い。関空快速の指定席もいつの間にか無くなってしまったし・・・。

新宿から湘南方面で「競合」している湘南新宿ラインでは、「グリーン車」を増やしてロマンスカーに対抗しているのもあり、少しでも多くの乗客を獲得するために小田急も躍起になっているのだろう。近い将来、千代田線ロマンスカーが走り、都市部の地下から一気に郊外に出ていく姿を想像すると、「早く見てみたい」という気持ちになる。

東京の地下鉄はJRや私鉄各線と乗り入れしている路線が多いのに比べて、大阪では堺筋線以外が第三軌条方式のため、北急近鉄の様に私鉄がそれに合わさない限り乗り入れはできない。まさか第三軌条に特急は走るワケ無いし(^^;、少し面白味に欠けるのは確かだ。

それにしても首都圏の鉄道は新線開業や改良が頻繁に行われていて、鉄道ファンなら眼が離せない状況にあると思う。関西も大阪外環状線地下鉄8号線の開通を控えているが、開業延期等の話もあり、いま一つ盛り上がっていない感があるのは、ちと悲しい。首都圏に比べて開発の余地が少ない(?)というところでは仕方がないとは思うのだが・・・。

個人的には阪神西大阪線の延伸で、三宮駅への近鉄アーバンライナー乗り入れを期待したい。

・・・阪神の小さい駅にどでかいアーバンライナーは無理があるか(^^;。

人気blogランキングへ






|

« レジ袋の「使い道」 | Main | 飛び込む勇気 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「地下鉄」と「特急」:

« レジ袋の「使い道」 | Main | 飛び込む勇気 »