« シンセの誘惑 | Main | 男の「育児休暇」 »

毎日書くこと

できる人は、余程の几帳面か、時間の有り余っている人か。

ライブドアの堀江社長が、社長日記で「日記は毎日は書けまっせん。」とつぶやいていた。「毎日書け」とコメントしてくる人が多いそうなのだが(^^;、超多忙と思われる堀江社長が、タイミングは毎日で無いにしろ、きちんと日数分の日記を(画像付きで)アップしているだけで、私は「几帳面だなぁ」という感想を持っているのだが・・・。やはり「有名人」であるが故、少しでも早く「知りたい」と思う人が多いのもわかるのだが、「強制されると三日坊主になっちゃう」のは私にも解る気がする。

私のブログも最近は平日のみ毎日更新している。といっても、これはブログの賢い(便利な?)システムで、更新日時が設定できるようになっており、ある日付分を後日、もしくは事前に書いておく、というようなこともできるので、それに甘えて(^^;結構その日分の投稿のアップが翌日に明けてしまうことも結構多い。遅い時なんかは今回の様に翌朝や、遅い時は昼にアップすることもたまにある(^^;。それでも、毎日カレンダーにリンクが張られていくのは、見ていて「書いている」という実感が湧く。

幸い私は有名人でも何でも無いので(^^;、少しばかし遅れてもとやかく文句を言われることは無いし、そもそも「日記」では無いので何時アップしても良いのだが、形だけでも「毎日」更新していると、自分自身も楽しいし、「もっと書こう」という気持ちにもなる。まだ「もっと書かねば」という強迫観念は未だ持ったことは無い。もしネタが無くなればたぶん書かないだろう。最近は電車が混んでいたり、息子がなかなか寝なかったり(^^;、書く時間が取れないのだが、それでも朝や昼休み等を使って投稿したくなる。しかしさすがに土日は「休みたい」という思いから、書いていない。

こんな実情の中、休日も含め毎日記事を投稿している人のパワーは計り知れないものがあると感じるのである。堀江社長も土日のこともきっちり「日記」として残している。昔から(ブログが出てくる前から)ホームページ等で「日記」を公開している(そして今も続けている)人とか見て、「三日坊主」になりがちな私は「すごいな」と思っている。最終的には、やはり「意識」が大きいところであろう。毎日でもアップしているのは「見てもらいたい」「記録として残したい」「掃き溜めたい(^^;」等人によって様々だと思うが、その強い意識が更新意欲に繋がっているのであろう。

私もどんどん「日々思ったこと」を、誰に見られようが気にすることなく(^^;アップしていくつもりである。たまたま書いた記事が検索エンジンの頭の方にくると何となくウレシイ(^^が、今はそれを狙って意識するのではなく、自分の思うがままに書いていることが、投稿が続いている理由なのかも知れない。やはり自分自身でも後で見直して、当時のことを思い返すのもこれまた楽しい。そんなこんなで、次に書くネタも溜まってきているので、これからも自分のペースで投稿し続けようと思う。

・・・私の場合書いている内容の実践が「三日坊主」かも知れないが(^^;

人気blogランキングへ

|

« シンセの誘惑 | Main | 男の「育児休暇」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4176124

Listed below are links to weblogs that reference 毎日書くこと:

« シンセの誘惑 | Main | 男の「育児休暇」 »