« 着メロに想う(その2) | Main | おいしい「おむすび」 »

早起きは得?

「年寄り?」と言われそうだが・・・

最近、目が覚める時間が早くなった。何故かはわからないが、朝の5時には目が開いてしまう。以前はブログを書く際に、モブログできなかった時は子供が寝静まった後の夜中に更新していたのだが、最近睡眠不足気味になり、その代わりに昼間や夕食後にモーレツな睡魔が襲ってくる(^^;ので、思い切って(?)早く床に着き、早く起きてブログを書くことにした。そしてここ数日「朝にブログを書く」生活を続けてきたせいかも知れないが、5時くらいになるとぱっちり目が覚めるようになった。書きたいことが次々出てくるので、その「更新意欲」に押され(?)起きずにはいられない、というのが正直なところだろうか。

「早起きは三文の得」ということわざがあるように、昔から「早起き=得」というイメージがある。実際、テレビ等で見る経営者等でも、日産のカルロス・ゴーン氏が有名な様に「早朝から出社して仕事する」風景が数多く見られる。実際に「朝は一日の中で一番能率が良い」と書いている本も多く、私が本屋で立ち読みした(^^;「図解 朝10時までに仕事は片づける」という本では「いちばん物事がはかどる早朝から午前10時までに仕事を片づけ、その後は有意義な時間を過ごす」ことが良いとされ、いくつかそれを実践している人の事例も紹介されていた。

確かに朝は「何事もはかどる」ような気がする。たまに納期間際や、出張前の立ち寄りなどで会社に早く出社し、誰もいない(もしくは徹夜明けの人しかいない(^^;)事務所で作業をこなしている時は、非常にはかどる、ということをその度に感じる。普通に起きた朝でも、顔を洗って朝食を食べて、歯を磨いて髭を剃り、着替えて家を出るといういろんなことを短時間でできるのも「朝だから」成せる業かも知れない。電車に乗り遅れそうで慌てる場合もあるが(^^;、間に合わせることができるのは、何かのパワーが「朝」にだけ備わっているのか、とも思ってしまう。

暦ではもうすぐ夏至で、昼の長さも1年の中でも長い時期に来ている。当然夜明けも早いわけで、早起きしないともったいない気分になる。この家を出るまでの、「朝」というすがすがしい気分になれる貴重な時間を有意義に過ごすべく、ブログの投稿や「英会話入門」に精を出したいと思う。また休日の朝などは連れ合いや息子がのこのこ(^^;起きてくるまでの時間を、シンセでの作曲やホームページの更新・・・等々、やりたいことは山ほどあるので、自分のために使いたいと思っている。

・・・あまりあれこれやりすぎて、朝から疲れてしまっては元も子も無いが(^^;。

人気blogランキングへ





|

« 着メロに想う(その2) | Main | おいしい「おむすび」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4505090

Listed below are links to weblogs that reference 早起きは得?:

« 着メロに想う(その2) | Main | おいしい「おむすび」 »