« ニート、NEET | Main | 変わる中古車市場 »

ポッドキャスティング

今まで知らなかった私が恥ずかしい(^^;

最近、「ポッドキャスティング」という言葉を知った。その言葉から想像できるように、インターネットラジオ放送局等がMP3等でWeb(BLOG)上に配置している番組を、専用ソフトでお気に入りに登録し、RSSを使った更新情報をチェックして、更新された番組を自動的にiPod等のMP3プレーヤーにダウンロードし、好きなときに好きな場所で聴取する、といった仕組みである。「Podcast Now!」では詳しい情報を知ることができる。

アメリカでは一昨年ぐらいからポットキャスティングの仕組みを使った番組配信が始まり、現在はブームになっているという。日本でも最近ブームの兆しが見えてきているらしく、「デジオの宇宙色々」というサイトに行くと、日本語で放送されているポッドキャスティング対応のラジオ放送を探すことができる。ライブドアの「ねとらじ」も、どうやら最近ポッドキャスティングに対応していたようだ。ついでにこの投稿で取り上げたタフとも提携していたようだ。さすがライブトア、動きが早い(^^;。

その仕組みを見ると、これはまさしく私が前の投稿で書いていた、「番組をダウンロードして楽しむ」という方式である。なんで今まで気づかなかったんだろうと思うと、少しクヤシイが(^^;、私の興味のあるのば地上波放送なので、正直ネットラジオは聴いていなかったのである。地上波のコンテンツ(聴取率1位(!)のTBSラジオ「宮川賢のパカパカ行進曲」等)を、この仕組みを用いてダウンロード販売などすれば絶対売れるのにな、と個人的には思う。このコンテンツのポッドキャスティングを用いたダウンロード販売は、ビジネスモデル的にも注目されているようだ。

この「番組を持ち歩く」という考え方は、「トークマスターII」を使った聴取スタイルに似ている。「トークマスターII」は以前紹介したとおり地上波の放送をタイマー録音して、それを外に持ち歩くことができるのだが、このポッドキャスティングを使ってオンデマンド放送を好きなときに持ち出すことができるようになれば、もっと便利な世の中になるのにな、と思う。権利関係がややこしそうだが、なんとか実現してほしい。それで「好きな時に好きな番組を好きな場所で聴取できる」世の中になれば、恩恵を受ける人は多いだろう。今はネットラジオが広まりつつあるので、地上波局も早急に今まで以上の「ネット対応」を考えた方が良いのではなかろうか。

以前「ラジオたんぱ」と呼ばれていた「ラジオNIKKEI」などは、いち早くポッドキャスティングのサービスを始めている。正確にはライブドアのサービスにコンテンツを提供しているのだが、ライブドアには是非がんばってもらって、他の地上波局(特にTBSラジオ(^^;)との提携も実現し、どんどん人気番組(「宮川賢のパカパカ行進曲」など(^^;)をポッドキャスティング対応にしてもらいたいところだ。

・・・はやく大阪で「パカパカ行進曲」、聴きたい(しつこい)。

人気blogランキングへ





ラジオICレコーダー TALK MASTER II-S(トークマスター)




ラジオICレコーダー TALK MASTER II-H(トークマスター)

|

« ニート、NEET | Main | 変わる中古車市場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/4463863

Listed below are links to weblogs that reference ポッドキャスティング:

« ニート、NEET | Main | 変わる中古車市場 »