« 運動会のナントカ | Main | 続く踏み切り事故 »

「性」と犯罪

やはり「男と女」がいる限り、無くなることは無いのだろうか。

ニフティのホームページに、「わいせつ事件/性犯罪」という、その手の事件を集めたコーナーがある。痴漢や児童買春、性的虐待等の事件のニュースを読んでいると、「欲望を抑えられない大人」が増えてきているんだなぁ、切に感じるのである。最近のニュースで眼に留まったのは、「『ハメ撮りの帝王』逮捕、ブログにH画像(夕刊フジ)」という記事だ。なんともこの「オヤジ」は、実名を晒して「ハメ撮り日記」を公開していた(今は削除されている)。「今まで千数百人の女性と寝た」というもんだから、ビックリしてあきれてしまう。

やはり、現在の世の中は「セックス」に溢れているのだろうか。最近の若者の(というか日本全体の)性が乱れてきている。女子中高生は(全てでは無いが)早々に処女を捨て、お金で「性」を売ったりする。もちろん最近は30代の女性も「体を売る」人が増えてきているという。まぁそれを買う「市場」ができてしまっているのが厄介なところだが、「売春」や「買春」は立派な犯罪である。決して「みんなしているから、自分もしても良い」ということでは無いのだと思う。

もちろん人間として生まれてきた以上、「性欲」は男女問わず持っているものであり、それを抑える必要は無いのだと思うが、その解消の仕方を間違うと、大変なことになる。それにしても最近は女性も性に対してオープンになったのか、簡単に体を開く人が増えたような気がする。逆に男性の中には異性に相手にされないで自分を抑えられず、売春、強姦、痴漢などの犯罪行為に走る人が増えてきたような気がする。特に目立つのが、女子中高生を相手に仕事する、教師や教育産業の人達、一般企業でも若い女性に関する仕事に就く人の中から「それ」に走ってしまう人もいた。

まぁとにかく、街を歩く異性を見て、ただ「異性として」妄想を膨らますだけでなく、今一度「男と女」から一歩引いて、「社会の中の役割」という観点で人を見る、という意識を持つことが大事なのかも知れない。他人に迷惑を掛けながらも、自己中心的に「性」に走ることは、やはり人間としてやっちゃいけないことなのだと、私は思う。

・・・私の場合は、別に気にしちゃいないが「相手にされない」ことが多い(^^;。

人気blogランキングへ

|

« 運動会のナントカ | Main | 続く踏み切り事故 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27348/6393667

Listed below are links to weblogs that reference 「性」と犯罪:

« 運動会のナントカ | Main | 続く踏み切り事故 »