« つづきはWebで | Main | 運転士の「親心」 »

出すぎた親

教育熱心だったのか、何だったのか。

--
徳島市の市立小学校で児童の父親が約2年間にわたって教職員を脅すなど威圧的な行為を続け、夏休みには研修名目で全教師が集められ、半日間にわたり「説教」を聞かせられるなどしていたことがわかった。この父親はその後、校長らに対する恐喝容疑で逮捕され、起訴された。(引用元記事)
--

この親は、ささいなことで学校に文句をつけ、暴力をふるうようになった。夕方に学校に来て、翌朝まで怒鳴り続けることもあった。ついには恐喝までするようになった。そしてもともと「個人情報保護」の目的で一部教員だ参加予定だった「研修」に、むりやり全教員を出席させ、「説教」をしていたという。そして教師ひとりひとりに「反省の弁」まで語らせていたという。なんともあきれた親だ。こんな親を見て、子供はどう思っているのだろうか。

事件を起こした男は45歳で、「コンパニオン派遣業」という肩書だ。この肩書からしてなんともアヤシイのだが、学校を自分の家とカン違いしていたのだろうか。それとも、「教師」を「コンパニオン」と間違えていたのかどうかは分からないが、学校が、教師が頼りないと思ったからと言って、全員に「説教」するとか、「暴力」を振るうとか、挙げ句の果てには「恐喝」するだとか、何が目的か分からない。もし「恐喝」が目的なかなんともバカバカしいが・・・。

学校の教育に不満があるのなら、きちんと学校なり教育委員会なりに「普通に」「暴力なしで」意見なり提言するという方法を取るしか無いだろう。しかも学校は児童ひとりを相手にしているのでは無く、全校児童に気を使わなければならない。この親の「目的」が良く分からないのだが、こんな「個人のエゴ」で学校を「支配」して、「自分の子供を優遇させる」ことを、もし考えていたのなら子供が可哀相だし、ただの「愉快犯」だとしたら最低だ。

こういう大人がいる世の中で、子供はどう育っていくのだろうか・・・。

人気blogランキングへ

|

« つづきはWebで | Main | 運転士の「親心」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出すぎた親:

« つづきはWebで | Main | 運転士の「親心」 »