« September 2009 | Main | February 2012 »

郵便の意義

堀江貴文氏がブログで「郵便はもう必要ないかも。」というエントリを書いていた。

確かにインターネットがここまで広がり、Webやメールがあれば個人間の連絡には困らない時代である。確かに私たちの世代を含む「ネットが使える」人にとっては、公的なものとか生きていくために必要なサービスが全てネットで済む時代が来るのであれば、郵便はもしかしたら必要ないのかも知れない。まぁ、しかしネット使えないお年寄りとか、いろんな事情で自宅にネットを引けない/引いてない人も、現時点ではたくさんいると思うし、私の周りでもいるので、国が補助でも出して全世帯にPC置いてネット引くことをしない限りムリ、と考えるとまだまだ不可能なのは明白。

現実の郵便に目を向けると、公的な手紙とか、必要なものは存在するので、自動でフィルタリングできない郵便は厄介なのは確かである。DMなんかはたとえばお店で買い物した際にポイントカード等の会員登録するだけで送られてくるようになるので、DMが不要ならその旨伝えるかむやみに登録しない、ということしかない。日本郵便にも責任があるだろうから、依頼された郵便は届けなくてはいけないし、それを「不要なものは届けません」というサービスをするには、送付元の理解も考えなくてはいけないと思うので、いくら民営化されたとはいえ現実は不可能なのかなと思ってしまう。

エントリのコメントでも多いように「手紙の温かさ」というのはあるが、最近「Twitterの温かさ」に触れたこともあり、同様のことはネット上でも体験できる。まぁTwitterは実名を晒している人が多く(Twitterもそれを推奨している)、むやみに悪いことを言う人が現状まだ少ないということでもあると思うが・・・。今後どんどんネットする人が増えてきて、一般社会で当たり前の世界になれば、それはそれで変わってくるかも知れないけど。

まぁ毎年もらう年賀状が楽しみでもあるので、郵便事業は無くなってほしくない(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

官僚の作文とTwitter

堀江貴文氏のTwitterより気になるTweetを見付けた。

元のブログによると、養老孟司さんが言うには、ネット上の文章を、反論を予測しながら書くと「官僚の作文に近くなっていきます」というのである。
確かに、私もブログを(途中休んだが)随分書いてきた。そしてブログのエントリを投稿する際に、必ず文章をチェックする。それは誤字が無いかをチェックするのと同時に「こんな文章を書いてだれかに怒られないだろうか」という意識は必ず働くのである。

まぁこのブログももともとあんまり過激な話題は取り上げないし、人に対する批判もあんまりして来なかったので、実際にクレームを受けたことも無いし、そもそもそんなにPVを稼いでいるブログでも無い訳だが、自分の意見をネット上に公開するという、ある意味誰にでも読めてしまう状態にする時には、それなりの勇気を持って出しているのは間違いない。

が、しかし最近、Twitterが脚光を浴びてきて、私もTweetすることが多くなったが、Twitterの特色である「140文字以内でつぶやく」ということに対して、あまり言葉を選ぶことはしていない、という意識である。チャットのように頻繁に他人とやり取りする時には、特に考えているヒマなど無いので、頭に思った言葉が、そのまま出て行っていることが多いのである。

ある意味、私などは最近ブログのエントリを書くよりTwitterでTweetしている方が気が楽だ。もうひとつのブログには、1日のTweetをtwt2src等でブログにアップしようと試みている。ブログのエントリを書こうとすると、どうしても「官僚の作文」にするべく考えてしまい、結果としてアップを躊躇したときもあり、結果的に更新が滞っていたが、Tweetをブログにアップしておけば少なくとも近況ぐらいは知ってもらえるのかな、とも思う。

日々の日常はTwitterで知ってもらって、何かまとまって書きたいことがある時にブログのエントリを投稿する、という流れが身に付けば、効率よく自分を知ってもらえるのかも知れない。少なくともブログが「官僚の作文」で埋まることだけは避けられるのかも知れない。まずはしばらく試してみようと思う。

・・・でも官僚って、ほんと良いイメージ、無いよネェ(リュウタロス調で)

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Xライダー×キュアパッション

いや、MADですけどね。

両方知ってる身としては、込み上げるものが止まらなくて(笑)

【MAD】 ビタップ!うれたてフレッシュ キュアパッション

・・・あとは動画が生きている間、各自で楽しんでもらえれば(笑)

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | February 2012 »