「蚊」で撃退?

若者が今、「蚊」で追い出されようとしている(?)。

(引用元)
--
英国人の発明家がこのほど、やかましく騒ぎ立てる若者に対抗するための装置を発明した。

 独自の騒音対策方法を編み出したのはハワード・ステイプルトンさんで、装置の名前は「モスキート(蚊)」。子供と30歳以下の若者にしか聞こえない不快な高周波の超音波を発するのだという。高周波音を聞きとる聴力は年齢とともに衰えるとされている。ステイプルトンさんは、この装置を使い、町の食料品店などから、うるさく騒いでいた若者たちを追い出すことに成功した。
--

またなんとも、面白い(?)試みの装置を発明したものだ。イギリスでは「モスキート(mosquito)」という呼称なのだろうが、日本語に訳すと「蚊」で、なんとも滑稽だ(^^;。そして文面を見る限り、「30歳以下の若者」は全て対象となってしまう。たとえ騒いでいても騒いでなくても、この装置を使えば無条件に「30歳以下の若者」を店から追い出すことが可能になってしまう。まぁ30歳以下と言っても、あくまで個人差はあるだろうから、高音部の音感を鍛えているミュージシャンなどの人達にとっては、30を超えても良く聞こえてくるであろう(^^;。

この装置を発明したステイプルトンさんは、イギリス本国では一躍「有名人」になり、テレビやラジオに引っ張りだこになったそうだ。そのイギリスでの盛り上がりぶりに、アメリカ、カナダやオーストラリアからも問い合わせが入っているという。世界各国、「騒ぎ立てる若者」対策に躍起になっている人々がいるようだ。このページによると、日本語は世界の言語と比較しても、もっとも低音域帯(125Hz〜1500Hz)で話す言語とされており、他の言語を話す人より高音域に弱いそうなので、「高音域でやっつける」この装置「蚊」(^^;は、日本人の若者には、特に効果がありそうだ。

最近は、若い人たちが電車の中やスーパーの店内など、公共の場で周囲のことを気にもかけず大きな声で話しているのを良く見かける。まぁ「若い頃はよく騒いだものだ」という人も多いかと思うし、私も高校生の頃は騒いだこともある。自分も歳を取ってきたので、だんだんその「騒音」が気になってきただなのかね知れないが(^^;、もしそういった若者が、例えば商店等で、もし「装置『蚊』」を使用しようとしたときに、使い方が難しいのかな、と思う。

実際、おそらくこのページのような装置だと思うが、何かかなりの大音量(?)が出そうな感じがする。もし使うにしても、明らかに「対象」となる年代の人が、撃退したい人だけなのかどうかを知る必要があるし、もしたまたま「高音域の聞こえる年配の人」がその場にいたら、とかいろんなことを考えてしまうのだが(^^;、使い方を誤ると、逆に店のイメージを落としてしまうのではないのかな、とも思う。日本とイギリスでは、考え方が違うのかも知れないが・・・。

・・・ま、とにかく、どんな音なのか「聴いてみたい」と同時に、「聞きたくない」とも思う(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運転士の「親心」

何とも、考えさせられるニュースだと思う。

埼玉県の東武野田線で、3歳の長男を運転室に入れたまま電車を運行したとして、30代の運転士を懲戒解雇するとした東武鉄道に対し、電話やメール等で「処分が重すぎる」などとする意見が、11日までに1500件近く寄せられたそうだ。しかし東武鉄道は「入念な社内調査に基づいた処分」として、懲戒解雇の方針は変えないということだ。

この事件は、東武野田線を運転する運転士が、乗務後に家族で食事をするつもりで、乗務する列車に運転士の妻と長男(3)、長女(2)が乗っていたが、途中から長男が運転室の扉をたたき始めたため、運転士が長男を注意しようと、南桜井駅で停車中に運転室の扉を開けたところ、長男が入りこんでしまい、しゃがで泣き始めてしまった。その状況のまま発車時間になってしまったため、運転士は仕方なく運転席に座り、そのまま運転した後、隣の川間駅で長男を妻に引き渡した、という事件だ。

事件当時は20名ほどの乗客が乗っていたが、この一部始終を見ていた乗客のひとりが東武鉄道に通報して事件が発覚したとのことだ。まぁ「この乗客が会社にチクらなければ」見過ごされていた出来事だったのかも知れない。しかし泣き止まない自分の子供を運転室に入れたまま運転したこの運転士に、会社から「懲戒解雇」という、重い処分が下されるとは、運転手本人にとってはなんともやり切れないだろう。

この運転手としては、「自分の子供が扉をドンドン叩いたら他の乗客に迷惑がかかる」という一種の「親心」で乗務員室の扉を開けてしまったのかも知れない。そしてまさか子供が入り込んで泣き続けるとも思っていなかったのかも知れない。そしてこの状況では機器に触られることも無いという確信があって、ひと駅だけ運転したのかも知れない。しかし結果的には「第三者が運転室に入っている」ことになり、規則にて処分されてしまったのだろう。

東武鉄道としても、竹ノ塚踏切事故のこともあり、乗客の命を預かる運転士の立場で起こしたこの事件について、甘い処分にすると批判されることを恐れたのかも知れない。確かに3歳児はまだ物事の分別がつかないところもあり、重要な機器に間違って触る恐れも無いとは言えない。その可能性が全く無いと言い切れないので、厳しい処分も仕方ないのかも知れない。会社としては、何も無かったから良かったものの、もし誤作動させて事故にでも繋がったら、それこそ責められるだろう。

私が過去に乗ったとある私鉄で、車掌が小さい子供を車掌室に入れて窓から風景を見せていたのを何度か見たことがある。その時は非常に微笑ましかったのだが、もしかしたらこれもいけないのだろうか。この私鉄は東武鉄道ではなく、また会社によって規則が違うのかも知れないが、私個人的には「結果的に何も起こらなかったから、懲戒『解雇』にまでする必要は無いのでは」と思った。

やはり言わば無意識にせよ原因を作った長男が、将来大きくなった時に「自分が原因で父は解雇された」と知ると、ショックを受けるのではないかと思う。解雇にしなくても例えば「運転士の資格を取り消す」とか「一定期間謹慎にする」とか、本人に反省させる手段はいくらでもあると思う。懲戒解雇では、再就職も難しいと思う。私は運転士でも何でもないので良くわからないが、運転士のまま転職できることは、まず不可能ではないかと思う。

当然「規則」は守るものであり、それを破った者には厳格に対処する必要もあると思う。しかし決して「世間体」だけで社員を処分してはいけないだろうし、この運転士も悪意を持って行ったわけではない(過失な部分もある)と思うので、情状酌量(?)の余地は残しておいても良いのでは、とも思う。鉄道関係の方からすると、当たり前の処分なのかも知れないが、一般の(?)社会人である私にとしては、なんとも可哀相に思えるのである。

・・・私も「規則」には十分気をつけようと思った、今回の事件である。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出すぎた親

教育熱心だったのか、何だったのか。

--
徳島市の市立小学校で児童の父親が約2年間にわたって教職員を脅すなど威圧的な行為を続け、夏休みには研修名目で全教師が集められ、半日間にわたり「説教」を聞かせられるなどしていたことがわかった。この父親はその後、校長らに対する恐喝容疑で逮捕され、起訴された。(引用元記事)
--

この親は、ささいなことで学校に文句をつけ、暴力をふるうようになった。夕方に学校に来て、翌朝まで怒鳴り続けることもあった。ついには恐喝までするようになった。そしてもともと「個人情報保護」の目的で一部教員だ参加予定だった「研修」に、むりやり全教員を出席させ、「説教」をしていたという。そして教師ひとりひとりに「反省の弁」まで語らせていたという。なんともあきれた親だ。こんな親を見て、子供はどう思っているのだろうか。

事件を起こした男は45歳で、「コンパニオン派遣業」という肩書だ。この肩書からしてなんともアヤシイのだが、学校を自分の家とカン違いしていたのだろうか。それとも、「教師」を「コンパニオン」と間違えていたのかどうかは分からないが、学校が、教師が頼りないと思ったからと言って、全員に「説教」するとか、「暴力」を振るうとか、挙げ句の果てには「恐喝」するだとか、何が目的か分からない。もし「恐喝」が目的なかなんともバカバカしいが・・・。

学校の教育に不満があるのなら、きちんと学校なり教育委員会なりに「普通に」「暴力なしで」意見なり提言するという方法を取るしか無いだろう。しかも学校は児童ひとりを相手にしているのでは無く、全校児童に気を使わなければならない。この親の「目的」が良く分からないのだが、こんな「個人のエゴ」で学校を「支配」して、「自分の子供を優遇させる」ことを、もし考えていたのなら子供が可哀相だし、ただの「愉快犯」だとしたら最低だ。

こういう大人がいる世の中で、子供はどう育っていくのだろうか・・・。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デジタル時代の・・・

ある意味、才能があるのかも知れない・・・?

産経新聞大阪本社の男性記者が、10月25日夕刊に掲載された「月とランデブー」という題名で月を背景にコウノトリが飛ぶ写真について、実は合成であったことがわかった。記者本人は10月17〜21日、兵庫県豊岡市に赴き、月とコウノトリが絡む写真を狙っていたが、天候などに恵まれず、結局撮れなかった。その後、記者はパソコンを使って合成写真を作成したところ、同僚から「見事な出来ばえだ」と褒められたため、合成と言い出せないまま出稿したという。

また悲惨なのが、掲載された写真を見た別の同僚から疑問の声が上がり、記者本人が白状したという。結果この記者は無期限の謹慎処分となり、現在は取材活動ができなくなってしまった。この記者も、新聞という公共性の高い、信頼されるメディアに乗せる写真に「合成写真」を使ったらどうなるか、知ってはいたのだろうが、「バレないだろう」という思いもあったのか、そして同僚から褒められて有頂天になってしまったのか、とんでもない過ちを冒してしまった。

日常の仕事や生活の中で、ついつい、あるいはその場の流れで仕方無く「ウソ」をついてしまうことは、無いとは言えない。ただ見え透いたウソはすぐにばれてしまうし、ウソをつくと後に重大なことになってしまうと思った時には、その場は自分に不利になっても素直に、正直に話してしまった方が楽だ。もしその場の「ウソ」がバレなくても、後々その話題についてはウソをつき通さなければならないし、ボロが出そうになれば「ウソ」で「ウソ」を上塗りしなければならなくなる。

結局のところ、「自分に正直」に生きるのがいちばん楽な生き方なのだと思う。仕事で(商談の上等で)ウソをつかなければならない時は仕方ないかも知れないが、第一、ウソをついてまで取れた商談で、その後もその顧客と良い付き合いができるかと考えたら、きっとできないだろう。今回の産経新聞の記者は、言わば「読者」に対して「ウソ」をついたワケで、「同僚に褒められたから」云々で決してウソの写真を新聞に載せてはいけなかったのだ。デジタルの時代、もしかしたら密かに「デジタル処理」された写真が、あちこちに蔓延っているのかも知れない。

・・・グラビアなどでは、体のシミ等をデジタル処理する、という話は良く聞くが(^^;。

(下の広告は、記事とは関係ありません、念のため。)

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムシャクシャして・・・?

何も関係無いのに被害にあった方々にとっては、実にやり切れないだろう。

NHK大津放送局の職員が、放火の現行犯で逮捕された。取り調べ等で、この24歳の職員は、「職場に不満があった」として、仕事や上司に対する不満を延々と取調官に話したという。放火の動機についても、「絶望と孤独にさいなまれ、むしゃくしゃしてやった」と供述している。

「・・・そのことを、どうして会社に言って、改善してもらおうと思わなかったのか?」

私は即座に、そう思った。職場でムシャクシャしたからと言って、何故全く関係のない、他人の家に放火しなければならなかったのか。放火された家は全焼のところもある。自分には何の罪も無いのに、他人の、自分とは全く関係ないところのストレスが原因で、いきなり自分の家が無くなってしまう。こんな理不尽なことを、理解しろと言われても絶対に無理だ。

職場への不満は、きっちり「職場で言う」べきだ。会社というものは、きちんと言い方を考えて言えば、耳を傾けてくれると思う。増してや、NHKみたいな大きな組織であれば、会社あるいは労組にでも「職場環境に対する相談窓口」みたいなものはあると思う(無かったらすみません)。もし理不尽に不遇を受けている社員がいれば、会社は決して放っておかないはずだ。確かに大勢の前で叱責する上司にも問題ありだが、そのことを直接、あるいは間接的に「イヤです」とは言えなかったのだろうか。

私も過去に職場等で不公平に感じたり、イヤなことがあった時には「相談窓口」の保険師や産業カウンセラーに相談して、自分の納得が行くまで話した。また上司にも、面と向かって言いにくい時にはメールで不満を告白したりしていた。無視する上司もいたが、たいていの人はきちんと対応してくれた。まぁ当時無視していた人は、あまり出世もしていなかったように思うが・・・。

もし上司に無視されたら、その上の管理職等に言うべきで、「ダメなら次」と、どんどん上に上がるべきだ。もし上層部に相談してもダメな場合は、そんな会社は見限るべきだろう。まぁそれは言い過ぎにしても、とにかく、上司や職場がイヤだからと言って、その鬱憤を直接当人や会社にぶつけずに、まったく関係のない赤の他人の家に火を点ける行動に転嫁するなんて、どう考えても許されることではない。

インターネットが発達した現在では、「2ちゃんねる」のような匿名掲示板や、「みんなのF2」のような告発サイトに、会社や職場に対する不満を簡単に書き込む人が増えている。特に「みんなのF2」では富士通(グループ)社員が「これでもか」と言う位書き倒している。しかしその内容を見ると非常に稚拙な、「職場で言えば?」というような書き込みも多々ある。本人にとってはサイトが「やり場のない怒りをぶつける」場なのかも知れないが、「ぶつける所がちょっと違うのでは?」と思う。ま、端から見てるのは面白くて仕方ないのだが(^^;。

俗に言う「ファミコン世代」以降の年代の人は、人とのコミュニケーションが苦手な人が多いという。しかし実際の社会はゲームのように予想が出来ない世界だ。例えば自分にとって理不尽なことを経験し、「ムシャクシャした」時は、自分ひとりで抱え込まず、人と会話することを忘れてはいけないのだと思う。人に心を開くことで、自分も楽になるし、人にも分かってもらいやすくなるのだ。ゲーム機やパソコンばかりに向かうのでは無く、「人に向かう生活」を忘れてはならないのである。

・・・そりゃ正直、ボタンひとつで人間が動かせたら、そんな楽なことは無いが(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブログで「観察日記」

少女の心は、そこまで病んでいたのか。

「静岡県伊豆の国市」の県立高校1年の、16歳の女子生徒が、今年の8月頃から10月頃まで自分の母親に劇物であるタリウムを摂取させ、意識不明の重体にまで追い込み、殺人未遂容疑で逮捕された。少女は容疑を否認しているという。この女子生徒はブログを開設し、母親が衰弱していく様子をまるで「観察日記」の様に写真付きで日々記録していたという。女子生徒は高校の化学部に所属し、毒劇物に対する知識が豊富だったそうだ。

驚いたことに、少女は「劇物」に指定されており、簡単に買えないタリウムを、実際に直接薬局から購入したということである。少女が化学部に所属しており、薬品に対する知識も豊富なことから、薬剤師もそのまま信用して売ってしまったという。そうしてタリウムを手に入れた少女は、そのことを自分のブログで嬉しそうに報告していたとのことだ。母の異常に気づいたのが少女の兄ということから、家族の中では孤立していた。

自宅の彼女の部屋からはタリウムの他に複数の劇物や、化学関係の本も見つかっているという。他に小動物の標本も見つかっている。ここまで調べて、私自身鳥肌が立ち、非常に怖くなった。少女はどうしてここまで化学に「異様なまでに」のめり込み、自分の家族まで「標的」にしようと思ったのか。私が普通に思うのは、そこまで家族のコミュニケーションが無い、あるいは歪んだ形で行われていたのか、非常に不思議なのである。

彼女は家族とのコミュニケーションが上手く取れず、また何でも話せる友達もおそらくいなかったのであろう。その捌け口を化学に求め、その知識を「ブログ」でひけらかしていたのだろう。ブログはご存じのように、今や誰でも簡単に始められ、日々の書き込みも苦にならず、それこそ自分の考えを瞬く間にインターネット上に公開できる。そんなブログを利用して、自分の母親が衰弱していく様子を公開するなんて、悲しすぎると思う。

私は決して人付き合いが上手いワケでは無い。しかし、「必要なコミュニケーション」は決して疎かにしていないつもりだ。しかし、自分はそのつもりは無くても知らずのうちに人に不快感を与えているかも知れないし、それが自分に伝わらなかったらそれこそ自分の知らないところで「悪いウワサ」が広がる(特に「女性のネットワーク」にはすさまじいものがある)。それを早期に感じ、打破するのもコミュニケーションのひとつかも知れないが、決して黙っていて良いコミュニケーションは取れない。

職場で同僚と、家で自分の家族と、普通にコミュニケーションが取れることが理想であり、全ての人はそれを目指すべきだが、私自身、家では妻や子供とのコミュニケーションは欠かさず(目障りなくらいに(^^;)取っているつもりだ。ま、実際家族はどう思っているかは知らないが、少なくとも「家族が何をしているか知らない」という事態に陥っていないことだけは確かだ。そういう日々の密なコミュニケーションが、ちょっとした心境の変化をくみ取ることもできるのだろう。

こういった事件が二度と起こらないよう、祈るばかりである。

人気blogランキングへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ローカルニュース

ついつい、気になって見てしまう。

私は、神奈川新聞が運営している「カナロコ」のブログがお気に入りだ。現在は大阪市在住なのだが、去年までは川崎市(神奈川県)に住んでいたこともあり、時々訪れながら当時の事を思い出している。特に「キーワード検索」で「川崎市中原区」等と入力して地域を絞れるので、最近の地元(だったところ)のニュースだけを見ることができ、非常に便利かつ充実していると思う。

そして、たまたま覗いてみると、「東横インが武蔵中原駅前にオープンする」という記事が載っていた(非常にローカルですみません)。もともと武蔵中原駅前は、富士通の川崎工場等、数多くの事業所がありながら、これといったホテルが存在しなかったので、ビジネスマン等の出張等ではウレシイところだろう。まぁ富士通従業員の泊まり込みも期待できるかも知れないが・・・(^^;。

その他にも「多摩川河川敷の駐車場を有料化へ」という記事もあった。土日祝のみ(?)1日500円を徴収するという。ちょうど私が住んでいた中原区の自宅から、玉川高島屋(通称タマタカ?)に自動車で買い物に行き帰りする際に、この駐車場の場所を通っていたのだが、土日はやはりクルマがいっぱいだった。そして、土手沿いから道路に出る出入り口は誘導係のおじさんがいたのを覚えている。ま、あそこの迷惑駐車のヒドさはフジテレビのニュースでも放映されたくらいなので、締めつけるのは良いことではなかろうか。

・・・このように、自分の関係していた、(もしくはしている)地域のニュースや情報が気軽にWebで見られるのは、良いことだ。と思う。残念ながら、カナロコの大阪版みたいなサイトは未だ見つけられていないが(大阪新聞もいつのまにか廃刊になっていたのを知らなかった(^^;)、新聞のニュースを惜しげもなく提供してくれる「ありそうでない」このカナロコみたいなサイトは、太っ腹で気前が良い、と言えると思う。

もちろん、各新聞社のWebサイトにも、地域ニュースは存在する。毎日新聞のサイトにも「MSN毎日インタラクティブ」の中に、大阪の地域ニュースは存在する。しかし、このカナロコは、読者が登録すると、一部のニュースにコメントを寄せることもできるそうである。ブログだと、記事に対する読者の反応が、記事と一緒に読むことができて、新聞社側も読者の方もメリットがあるのだろうと思う。このスタイルのニュースサイトが、どんどん増えていけば面白いとも思う。

私自身は時々この「カナロコ」を見て、当時を懐かしみながら神奈川の現在を感じると同時に、大阪の(新聞社等の「ある程度しっかりした情報」が得られる企業の運営する)ローカルニュースを扱うブログを期待したい。

・・・やはり多くの人は、地元のニュースには「反応したい」と思うのではなかろうか(^^。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うるう秒

来年の元旦は「1秒だけ」長い一日になるそうだ。

--
日本標準時(JST)の維持・通報を実施している独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)は9月7日、2006年の1月1日に「うるう秒」を1秒挿入すると発表した。うるう秒調整は7年ぶりで、「来年の元日はいつもより1秒長い」(NICT)。
--
(以上、ITmediaの記事より引用)

時々聞くこの「うるう秒」のニュースだが、現在使われている時刻は、高精度で正確な原子時計が使われており、それと地球の自転による時刻を合わせるために調整するために「うるう秒」が使われるそうだ。「うるう秒」による時刻の調整が一番最初に実施されたのは1972年1月1日と、じつに33年前であり、現在まで22回にわたって「うるう秒」が使われてきている。23回目となる次のタイミングでは、2006年1月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「午前8時59分60秒」が挿入されるそうだ。

こうなると、たとえば「自分の生きてきた時間を秒数で計算してみましょう」などといった問題を小学校の授業等で行ったことがあると思うが、実際にはこの「うるう秒」を計算に入れないと間違いになる(^^;私は1971年生まれなので、年数と月数等で計算した秒数に「まるまる22秒」足せば答えが出ることになる。(計算している間にもどんどん秒数は増えていくが(^^;、「何時何分現在」と区切って出すのが妥当なところだろう。)私も息子に質問されたときには、「うるう秒」を計算に入れて答えよう、と思ったのであった。

日常暮らしていて、「うるう年」は4年に一回やってくる(実際には100年に1回は来ないが400年に1回では来る)ので、皆意識していると思うが、「うるう秒」はあまり意識する人はいないのではなかろうか。「ああ、1秒増えるのね」といった軽い意識を持つ人は多いだろう。わたしもその「うるう秒」の瞬間を意識したことは無いのだが、次回は元旦に実施ということで、朝の正月気分に浸っている朝に、カウントダウンがてら117の時報を聞いて、9時を迎えるのも面白いかも知れない。(テレビなどの正月番組で取り上げられるかも知れないが)

しかし、あのおなじみのNHKの時報(440Hz×3回と880Hz×1回のパルス音)は、うるう秒を挟んだ場合にどう鳴るのか気になるところである。

放送時間の規定は無いそうなので、当日9時には鳴らないかもしれないが・・・(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)