新「英会話中級」

新しくもあり、従来からの面白さもある、と言ったところか。

この10月から、新開講となったNHKラジオ「英会話中級」が始まった。と言っても、講師の遠山顕先生、そしてパートナーのキャロリン・ミラーさんとジャック・マルジさんは、9月までの「英会話入門」を担当していたので、この4月から「英会話入門」を6ヶ月聴いた私も、講師陣と一緒に(^^;「入門」から「中級」に移ることにしたのだ。

気になるオープニングは3人の「Welcome to 英会話中級!」というタイトルコールから始まり、そして9月までの「中級」と同じテーマ曲が流れてきた。そしておなじみの「Hello everybody! I'm your host Ken Tohyama...」という呼びかけが始まる。キャロリンさん・ジャックさんとのやり取りも殆ど変わらない(強いて言えば「So are you ready?」「As ready as we'll ever be!」のやり取りが「So are you all set?」「We are ready to go!」に変わったぐらいだと思う)。口調も幾分か速めに感じるのは、やはり「中級レベル」だからだろうか。

こないだまでは同じ曲に乗せて、高本裕迅先生が「みなさんこんにちは、英会話中級の時間です・・」と喋るオープニングを知っていたので、何やら違和感がある(^^;。ちなみに10月からの「入門」も、あの陽気なテーマ曲は変わっておらず、そこに新講師の露崎實先生が「英会話入門の時間です」と極めて普通に(^^;話していた。講師陣が全て代わった中で、テーマ曲だけ同じというのは、何か違和感を感じずにはいられない(^^;。まぁ逆に同じ方が「講座名を間違えずに済む」というのはあると思うが・・・。

番組の冒頭では、顕先生が新開講の挨拶をした後、コーナーの説明をしながら番組に入っていった。内容的には、前の「英会話入門」から基本的には大きな変化は無く、より充実していると言った感じだ。具体的には、おなじみのダイアログから始まり、語彙表現をチェックする「Words & Phaises」と続く。そして「Use This Expression!」から「Today's Phrase」と名前を変えたが、内容としては「今日の表現」で、変わっていない。ただ、他のコーナーとの兼ね合いもあるのか、ダイアログが読まれる回数は少なくなっており、「Today's Phrase」が終わるといきなりダイアログのリピートが始まる。

それが終わるとトランスな(^^;ジングルが流れ、次のコーナーへと続く。ここからは9月までの「入門」と少し内容は変わってきて、「DIALOG CHECKUP」という、今日の表現を更に発展的に学ぶコーナーになる。そして、たて続けに「Vocabulary Review」という、単語の穴埋め問題のコーナーになる。ここら辺の進め具合は「英会話入門」の時よりテンポが早いので、グスグスしていると置いていかれてしまいそうだが、そう言えば「入門」から「中級」にレベルアップしているのだと思うと、少しは納得できる(^^。;

それが終わると、私が前の「入門」で大好きだった、架空のCMが流れ、質問に答える「COMMERCIAL BREAK」に、この「中級」でもチャレンジできる。「入門」の時との違いは、CMの内容がテキストにプリントされていて、質問に関する単語だけ空所になっている、というところだ。確かにこれだと、ただ聴くだけよりかは何を喋っているのか掴みやすいので、幾分か質問にも答えやすい。その後はダイアログに関する質問に答える「Quick Question」が行われた後、ダイアログの読みが1回、そして最後は「Another Situation」で、異なる状況でダイアログが読まれて、講座は終わる。

ちなみに第4週は、「英会話+カルチャー」が「How to English」に変わったが、「英会話文法」や歌のコーナーがあるのは従来の「入門」と変わっていない。とにかく一度聴いてみると、やはり9月までの「入門」より、内容的には量が多く感じる反面、前の「入門」より英語の理解を深められそうな内容である。私自身、正直これを15分でやるのは若干キツい面があるが(^^;、まぁこれが「中級」なのだと肝に銘じて聴こうと思っている。6ヶ月続けた後に、どれだけ英語が上達できるか、自分でもがんばってみようとも思う。

・・・「入門」を6ヶ月聴いて「英語上達したか?」ときかれれば、「?」マークが付くのだが(^^;

人気blogランキングへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

あいLOVEキスゴン

個人的には最近、「これはイイかも」と興味を持ち始めている。

先日、偶然ケーブルテレビの「KIDS STATION」で放送されていた、「あい LOVE キスゴン!」という番組を見た。内容は子供向けの英語番組なのだが、非常にポップでファンキーな音楽とCGを使ったキャラクターに目が止まった。気になってずっと見ていると、ネイティブな発音の英語劇や、特にリズムが良い発音練習などが面白くて、息子より私が(^^;画面に食い入って見てしまうほどだった。合間に流れるCMを見ていると、DVDが発売されているみたいで、私は非常に気になった。

インターネットで調べてみると、(株)スターシップという会社が制作するDVDであり、販売サイトが出るわ出るわで、どうやら人気みたいである。内容的には、「英語のショートストーリー」、「英語の遊びうた」(おなじみの「Head, Shoulders, Knees and Toes」や「あいちゃんの絵描きうた」等も英語で入っている)、そして私が非常に気になっていた発音練習は、「フォニックス読み」と言うらしく、英語圏の発音練習では常識的なものという。アルファベットを「エー」「ビー」「シー」ではなく、「ア」「ブ」「クッ」等と実際の発音で練習することによって、ネイティブの発音が身につく、というものである。

実際に、この「あい LOVE キスゴン!」は「フォニックス読み」を徹底研究しているという。口の形や息の吐き方を解説してくれ、あとはポップでファンキーな音楽に乗って、あいちゃんの発音をマネするだけである。たとえば「A Says a, a, a, 」(「エイ セイズ アッ、アッ、アッ」)とアルファベットと発音を対応づけた後、「a, a, apple〜」(「アッ、アッ、アッポゥ」)等の様に実際にそのアルファベットを頭文字にしている単語を続けて発音する、といった具合である。実際、スターシップ社商品紹介ページでサンプル動画が見られるので、それを聴いた方がその雰囲気が素早くつかめる。「百読は一聴にしかず」である(^^;。

実際、息子は、見ていた番組の中で繰り広げられる「フォニックス読み」のコーナーになると、どこにいてもすぐにテレビの方に近づき、あいちゃんのマネをして一生懸命発音しようとしている。正直、子供だけでなく親も一緒に楽しめる。特に、ノリノリの音楽は学習の効果を更に高めていると感じる。実際、この「あい LOVE キスゴン!」の統括者である、作家の星みつる氏は、NHK教育テレビ「英語であそぼ」の番組開発をはじめ、「いないいないばあっ!」などの、多くの番組を手がけられた人である。なるほど、「幼児教育のプロ」が制作するこの教材に、引きつけられないワケがない、と思った。

・・・大人も子供と同じように楽しめる。なんかDVDが欲しくなってきた(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学び続けること

いくつになっても、「学ぶよろこび」を味わいたい。

最近、友人と久しぶりに逢った。以前、大学の通信教育部に在籍していた頃からの友人である。約10ヶ月ぶりの再会であるが、どれだけ間が開いていても、いつもどおりフレンドリーに話せるのは、やはり「気の置けない仲間」だと感じる瞬間だ。ちょうどタイガースの優勝冷めやらぬ雰囲気のある居酒屋で酒を酌み交わし、お互いの近況や、過去の思い出等を話し合った。実は参加したメンバーの中で、私だけ卒業できていないのだが(^^;、皆と話をしているうちに、また再び「勉強したい」という気持ちになった。

私が以前、大阪学院大学 通信教育部に通っていた1990年代から比べて、現在は「通信教育部」を置く大学が随分増えた。専攻できる学問の幅もかなり広がっており、バラエティにも富んできていると思う。音楽が好きな私としては、大阪芸術大学なんかも魅力的だが、卒業して現在の実務に役立つかと言われれば、全然関係無い(^^;。まぁ34歳という年齢な故、キャリアチェンジも現実的でないだろう。あと個人的には奈良大学で文化財や歴史について学ぶのも面白そうだが、システムエンジニアの私にとっては、言わずもがなであろう(^^;。

まぁここら辺は、社会人として大学に通う上で「完全に教養として通学する」か「少しは現在のキャリアを意識して通学する」かのどちらかにはっきりと分かれるだろう。前者なら、公私問わず完全に自分の欲望に正直になれば良いのだろうが、後者であるなら、「学歴取得」や「自己研鑽」という意味合いが強くなり、始める/続けるにはそれなりの決意や意欲が必要になるのだと思う。私が約15年前に始めた時は、そんなに選択肢も無かったのだが、まさに「大卒」に憧れ、それを実現するために通い始めた記憶がある。

ただ、現在は必ずしも出世に「学歴」が必要では無い時代に来ているのも確かだ。大学に通って学歴を取得するのに時間を使うよりは、現在所属している会社で「自分の評価を高める」ことに全身全霊を傾ければ良い、という考えは、だいたいの人が持っていると思う。しかし私としては、「会社人間」になるのがキライ(=出世を期待していない、ということにもなろうが(^^;)であり、人間としての知的情操を深めるために、会社以外できっちり「学問」として知識を吸収する場を求めているのかも知れない。

このブログを(本格的に)書き始めてから、数々のニュースサイトやテレビ/ラジオ番組等で「世の中の動き」を感じながら生活している、という意識がある。ただ黙々と、粛々と日々の生活に追われるだけでは、自分としては「物足りない」と感じる。毎日何かの「情報」に触れることによって、自分の脳に「刺激」を与えているのだと思う。ただ最近、「刺激」だけでなく「蓄え」も増やしたい、という思いが増えてきていて、それが「再び学びたい」という意識に繋がっているのかも知れない。

・・・ただ私の場合、経済的な「蓄え」という問題はあるのかも知れない(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新・英会話入門(その2)

やっていると、楽しいものである。

この4月から「復活した」NHKラジオ「英会話入門」を始めたことを前の投稿で書いたが、この6月になっても聴き続けている。遠山顕先生の語り口や、パートナーのキャロリン・ミラーさん、ジャックマルジさんとの、時に見せるコミカルなやりとりが私を引き込んでいる。毎日違うダイアログを放送していた以前の「英会話入門」と比較して、今回の番組は「2日に1回、週に3ダイアログ」のため、比較的余裕を持って聴けて学習できるため、以前よりは負担なく続けられている、というのもあるが、番組の内容が面白くて聴かずにはいられなくなるのがイチバンの理由だ。

通常の放送ではダイアログを通して聴いたり、リピートしたり、単語や今日の表現を学ぶのだが、不思議と(寝起きのボーッとした頭でも(^^;)耳から頭に入ってくるから不思議だ。「Listen and Coose!」もだんだん聴きとれるようになって来たし、「COMMERCIAL BREAK」の(いつも聴いた後に顕先生が「・・・早いですねぇ・・・」とつぶやくのがおなじみとなっているほど(^^;)リアルなナチュラルスピードのCMも、週を通して繰り返し聴いていると、なんとか聴き取れる様にもなってきた。

月の最終週に放送される「英会話文法」やアメリカの特別な行事の様子を聴いて勉強する「英会話・プラスカルチャー」、そして月の最後は昔のヒット曲を聴いて、その歌詞の意味を勉強するコーナーもあり、私は一緒に歌いながら穴埋め問題にチャレンジしている(^^。ほんとに1ヶ月1ヶ月、楽しみながら「英会話」のエッセンスが学習できるのが、私はとても気に入っていて、3日坊主な私でも(^^;続けられている理由でもあると思う。

そしてこの6月は、他の月より1週長めのため、前の「英会話入門」でもやっていた「英語劇場」が始まっている。今回は日本の昔話をテーマに放送劇を、ひたすらリスニングし、英語のニュアンスに日本的な情景がミックスされた、なんとも言えない(^^;、しかし引き込まれる状況で、聴き込んでいる。長い話のため、最初は付いていくのに精一杯だが、翌日の再放送、更にはテープに録音して、右の対訳を見ながら聴いていると、だんだん話が「英語」として頭に入ってくる。それとなしに「英語耳」に近づいて来ているのかも知れない。

こうして聴いているせいか、息子と見る「英語であそぼ」や「GO! GO! EIGO」も、始めて見る放送でもなんとなく耳に入ってきて、楽しめている。息子もNOVAに通っており、日常のものも英語で言う時があり、なんとなく「英語」が分かってきているのかなぁと思うので、今後もどんどん「英語」に触れさせてあげたいと思う。

・・・私は月350円の「英会話入門」で充分だが(^^。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ入試

最近、目に止まった電車広告がある。

大阪電気通信大学で行われる「ケータイ入試」である。過去、(大学ではなく(^^;)付属の高校を受験したことのある私は、その色鮮やかな広告も少し気になって、ケータイ用URL(http://www.ddaa.jp/kn/)にアクセスしてみた。(こうやって携帯電話を使って「見たい時に見られる」便利な世の中になったものだ。)

このユニークな入試は、平成18年度から始まる「総合情報学部 デジタルアート・アニメーション学科」が実施するもので、入試の方法として「携帯電話のカメラで撮影した写真をテーマに文章を書いてメールで事務局に送信する」という行為を6回繰り返し、最後にはそのプロモーションも含めて選考を行うということだ。構成については特に縛りが無く、応募者の自由なテーマで展開して良い、ということである。「これはかなり面白そうだ」と、私は思った。

・・・と言っても私は受験する気は無い(当たり前か)。私が高校生の時は、ユニークな大学入試と言えばせいぜい「一芸入試」くらいで、大して輝かしい実績や、特異稀な才能など持っているはずも無い(^^;私には縁が無かった。工業高校に通っていたので、当時の学生は「大学受験」ではなく、ちょうどバブルで就職先には困らない、という時代の背景もあってか、迷わず「就職試験」を受ける者がほとんどだった。私個人としては進学も一時夢見たが、家にそんな余裕の無いのと、本人は吹奏楽の方が面白かったので(^^;、受験することは無かった。

そして一般企業に就職後、私は新聞で「通信制大学」の広告を見つけた。まだうっすらと進学希望のあった私は資料を取り寄せ、試験は書類選考だけ(というより、希望者はほとんどみんな入れるみたいだったので(^^;)そのまま入学したのだった。私が入学した1990年当時、は「通信制大学」といえば商学部、法学部、文学部など、いわゆる「文系」のみで、工業高校出の私にとっては、「まるで違う」世界だった。そしてなんとか(休学含め)10年在籍したが、残念ながら卒業できなかった(^^;。いつかリベンジしたいと思っているが・・・。

そうこうしているうちに、現在までに「通信制大学」はどんどん増え、「大阪芸術大学」が通信制を始めたときは、私はちょうど「サウンドクリエイター」転向を目論んでいたころで、真剣に「会社辞めて入学しようか」考えたこともあるが、その当時は現実を考えて(^^;、あきらめたこともある。何かしら「学びたい」という心が、常に私の中にあるのだが、それをやり遂げたり、思い切って始めるという「踏ん切り」や「踏ん張り」が足りないのかも知れない。

そんな私からすれば、色々な選択肢のある今の高校生はうらやましく思う。しかし、長引く企業の雇用抑制などで、一番とばっちりを受けているのも高校生のはずなので(実際に私の母校でも半数以上は進学している)、大学に行かないとどうしようも無いところはあると思うが、それでも「大学で勉強する」ということは、今後の人生の中で絶対役立つのであろう。入学してから4年間遊び呆ける輩も少なく無いだろうが(^^;、今般の就職戦線を乗り切るには、高校生の時から「いろいろ考えなければならない」、今の10代の若者を可哀想にも思う。

今後少子化が進むと大学も学生獲得のために色々なことを考えるだろう。この「ケータイ入試」もそのひとつだろうが、今後どんなユニークな「入試」が行われるか興味が湧いてきて、少しウォッチすることが増えた。今の大学生、そしてこれから大学に行く世代も含めて、将来の日本を託されているので、頑張ってもらわないと、とも思う。そんなことを言っている私もまだまだ34歳なので(^^;、少しでも世の中に立てる様に頑張っていけたらと思う。

・・・私も、未だ「もう一度大学で学びたい」という気持ちは、存分にある(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新「英会話入門」

いよいよ、今週からはじまった(^^。

お待ちかねの、NHKラジオ「英会話入門」のスタートである。講師は4年振りとなる遠山顕(とおやまけん)先生である。しばらく無くなっていた講座名と共に「復活」したケン先生は新たにアシスタントのキャロリン・ミラーさんとジャック・マルジさんとともに(?)、元気に戻ってきた。

オープニングからアンデス風の陽気な音楽が流れ、気分が高揚すると同時に、「Welcome to,英会話入門!」とタイトルコールがあった。そして私にとっては聴き慣れていたケン先生のあの声で「Hi! l'm Ken Tohyama...」と挨拶から始まり、「Okey-dokey, Let's get started! ...Here we go!」で締まるあたりは、私などの以前の講座を聴いていた人でも違和感無く入って行けるだろう。

本編の流れとしては、メインのダイアログがあり、単語と熟語やキーとなる表現の確認など、大して変わっていない。ただコーナーのタイトルが、単語・熟語は「WORDS & PHRASES」、今日の表現は「Use This Expression!」という具合に、以前とは変わっている点には新鮮味を感じる。

あとは会話を聴いてから問いに答える「Listen &Choose!」と、これは今回から新たに登場した、ナチュラルスピードで流れるラジオCM風の会話を聴き、会話中の内容を確認する質問に答える「COMMERCIAL BREAK」のコーナーがある。聴いているとそのリアルさに、実際に外国に来ている気分になるのは不思議なところだ。

その後、ダイアログに関する質問に答える「Quick Question」があり、そしてもう一度ダイアログのリピートがあり、最後には同じ会話を違った状況で話す「Another Situation」もしっかり健在だ。最後の「Keep listening, Keep practing and Keep on smiling!! Bye!!」という締めも、以前の放送と同じで、私も思わず「Bye!!」と一緒に言ってしまう程(^^;、気持ちよく終わる。

全体を通した感想としては、以前の「英会話入門」の楽しさをしっかり残しつつ、新しいエッセンスが入って、より英語が身につきやすくなったのでは、と感じた。これだけの内容がラジオと月数百円のテキストさえあれば楽しめるなんて、相変わらずおトク感は強い。これならずっと続けられるような気がする(^^。とりあえず6ヶ月の開講期間中は、休まずチャレンジしようと思っている。

私自身、最近は「FUN FUN POCKET」や「GO GO EIGO!」等で息子と一緒に英語に触れているせいか、「英会話入門」で流れるフレーズも、以前よりは聞き取れる気がする。この勢いで、今度こそイッキに英語を身に付けたいと思っている。

・・・息子の方が喋れるようになったら、クヤシイので(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供の教育

近頃は、教育産業が花盛りなように感じる。

私には2歳の息子がいる。そろそろ色々なことばを話し始めたくらいだ。この頃の子供は、色々な物事を吸収して、人格が形成されていく第一歩の段階だという。実際、息子も私や連れ合いに色々なことをきいてくる。今はきかれても分かる事ばかりだが、今後はそうも行かなくなるだろう。

それを補う、もしくは特定分野を伸ばそうと、あれこれ教育機関に子供を連れていく親は多いはずである。特に最近のご時世、子供に対する期待はとても大きいものがあると思う。

息子も最近、英会話スクールに通い始めた。ネイティブ講師がウリの大手である。連れ合いが体験レッスンに連れて行ったところ、順応が良かったから入会を決めた、とのことであった。

最初が上出来だったので、本レッスンに行ったのはいいが、次第に飽きてきて(^^;外国人講師の言うことを聞かなくなり、関係ない備品を触ったり走り回ったり、ついにはわめき出したり(^^;、という状態だったらしい。

まぁ、まだ聞き分けつかない2歳児に「おとなしく座って聞け」という方が酷なのかも知れないが(^^;、相手が外国人だと、付きそう親と講師との間も話が通じないのがツラいところである。

いろいろ考えていた時、別の英語教室のTVCMを見たので、試しにと息子を体験に連れて行くと、とても機嫌良く過ごしていたそうだ。その教室は音楽に合わせて英語をリズムで覚えるので、音好きな息子の性に合ったのかも知れない。講師も幼児の行動を知り尽くした日本人(しかもペラペラ(^^)で、安心して任せられるみたいだ。

いろんな要素があると思うが、体験した限りでは、親が英語に自信が無い場合は日本人講師がベターみたいだ。自分がペラペラで、子供もネイティブと同様に育てたい、と思う人は講師もネイティブの方がより効果的なのかも知れないが、英語に触れる、とっかかりを求めるなら日本人講師でも十分だ、と私は思う。もちろん正しい発音は大事だと思うが、ネイティブレベルのそれを求めるならお金を積んでそれなりのスクールに通うべきであろう。

ちなみに、息子には音楽教室にも通わせようと、日夜検討中である(大げさか)。
やはり、親たるもの、子供に対しては期待してお金をかける、というのが心情であろう(と、強引にまとめる)。

・・・私も、子供に負けない様に英語がんばらないと(^^; (NHK「英会話入門」を一度挫折してるので)

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)