消えない受信通知

繰り返し起こると、いい加減イヤになってくる。

以前の投稿でも書いた、Vodafone 702NKで「受信通知が消せない」現象がまた発生した。以前はいろいろ試して結局ダメだったので、初期化して再構築したのだが、今回も「再構築」しないと修復しないのは分かっているのだが、最近いろいろバタバタと忙しいので、初期化して再構築もできていない。仕方なくまたMMSを自動受信にして、これ以上「受信通知」を本体に溜めないようにし、PCのE-mailからの転送を止めている状態だ。「受信通知の残骸」を選んでメニューを出しても、相変わらず「削除」の項目は出てこないし、「C」キーで削除することもできない。

そんな状態でそのまま使っていると、さすがに電話は普通にできるのだが、メモリ不足もあってか時々、通話するときには必ず通らなければならない(?)「通話記録」画面が出てこなかったりする。メールしようとするとMMSが開けなかったり、編集中に一定間隔で動作が止まったり(--;、不安定極まりない。早くこの状態を脱出したいのだが、また初期化して再構築するのが面倒くさくてたまらないし、メールだけ削除する方法があると聞くが未だ試せていない状態である。

既にボーダフォンからはVodafne 702NKIIが発表され、近日発売されるとのことだが、この「受信通知が消せない」現象は、きちんと解消されているのだろうか。少なくとも他社のケータイではこんな話し聞いたこともないのでノキアだけの本題だとは思うのだが、きっちり品質を上げて行かないと日本のユーザーは許してくれない(少なくとも私は許せない)。なにしろUI(ユーザインターフェース)自体が日本メーカーのケータイと大きく違うのだが、ノキアジャパンの社長はケータイWatchのインタビューで「気にしていない」と答えており、自社のケータイに自身を持っているようだが、バグっていてはしょうがないだろう。

ユーザの中には「そんなノキアが好き」という人もいるかも知れないが、もし「バグの多いところ」も含めて好きというのであれば「余程のお人好し」だろう。(もちろんそんな人は、ノキアの関係者以外ほとんどいないと思っているが(^^;。)機能が豊富なのところは私にとっても魅力的なところだが、基本的な機能、特にだいたいの人が一番良く使うであろう(?)「メール」機能で「受信通知が消せない」というストレスの溜まるバグ等、品質の問題をもし今後もほったらかしにするようであれば、ユーザは離れてしまうだろう。

Vodafne 702NKIIで改善しているかは分からないが、私個人的には「買い換えようか、止めようか」迷っているところである。なにしろ、Webのサービス(たとえばセブン銀行のモバイルバンキング等)で「Vodafone 702シリーズでは使用できません」というのが多いので、それが悩むところのひとつである。いくらJavaが「メガアプリ」といっても、「A列車で行こう for ボーダフォンライブ!」はできないし・・・。もうこれらはノキアの思想からして「日本に合わす」気は無いのだろうか。もしこの状況が続くなら悲しいところであるし、他キャリアに乗り換える人もいるのではなかろうか。

結局、「日本のサービスを満喫したいなら、日本製端末を買いなさい」ということなのかも知れない。

人気blogランキングへ





| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウィルコムのスマートフォン

私にとっては、気になる製品が出てきた。

PHS事業者のウィルコムは、WindowsOSを搭載したキーボード付きのPHS「W-ZERO3」を発表した。いわゆる「スマートフォン」で、デジタルカメラ付きのPHSにPDAの機能を加えた製品である。製造はシャープ、出荷日は12月上旬ということだ(参照元記事)。

スマートフォンというジャンルは、日本でも過去にいくつかのメーカーから何機種か発売された、という記憶があるが、はっきりとは覚えていない。そういうほとんど市場としては無い分野なのだが、今回発表された「W-ZERO3」は、マイクロソフトが発表した「Windows Mobile 5.0 for Pocket PC」というOSが載り、オフィスのファイルや「Skype」等のIP電話を使用できる。インターネットにはPHS通信の他に無線LAN(IEEE802.11b)の機能も備え、街中の無線LAN接続エリアでも使えるということで、けっこう魅力的だ。

音声通話もでき、インターネットも使える。街中でのEメールのやりとり等に便利そうだ。もちろん、ブログの更新等にも使えるだろうし、「外でインターネットする」上で、ノートパソコンほどかさばらず、また携帯電話では入力がキビシイ、といった人にとっては結構使えるのではないかと、漠然的に思う。12月出荷ということで、まだ手にとって試すことができないのだが、点灯に並んだ際にはチェックしてみようと思っている。

最近またVodafone 702NKでトラブっている。この模様は別の投稿で伝えようと思っているのだが、とにかくまたMMS通知が消せなくなっている。何をするにも不安定で、たびたび動作が止まるため、モブログする気にもなれない。「W-ZERO3」にもトラブルが起きない保証はないが(特にWindowsなので(^^;)、こうトラブっていると、何か別なものにすがりたいと思うのは、私だけでは無いだろう。「欲しい」と思う一品である。

・・・ま、個人的な「経済的な問題」というのは、常につきまとうのだが(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vodafone 702NKII

新しい方は、どうしても良く見えてくる。

ボーダフォンから、ノキア製の「Vodafone 702NKII」が発売されることが発表された(プレスリリースのPDF)。ヨーロッパ等では既に「Nokia 6680」(6680といっても富士通の汎用機端末ではない(^^;)として発売されている。なんとも「PC連携が可能な“スマートフォンモデル“」といううたい文句で、10月下旬に発売予定とのことだ(参照記事)。現行機種の「Vodafone 702NK」(Nokia 6630)を所持し、数々の辛酸をなめてきた(^^;私にとっては、とっても気になる、この「702NKII」だ。

まず、見た感じからして、スマートになった印象だ。どちらかと言えば「下ぶくれ」という(^^;印象のある702NKと見比べても、上から下まで真っ直ぐな「ストレート感」がそれをカッコ良く見せてくれる。そして正面を見て大きく「変わった」と思えるところは「前面のインカメラ」が新たに付いたところだろう。これでテレビ電話も問題なくできるようになる(実際使うかどうかは別にして(^^;)。702NKでも通話自体はできるが、自分の姿を見せるためにいちいち本体をひっくり返す必要があり(^^;、実用性は無かった。

あと、背面のカメラレンズを保護するために、スライドカバーが付いたのも大きな「改善点」だろう。702NKではレンズ面が丸出しでのため、ポケット等に入れておくと、擦れるなどして廻りのゴムがはがれてしまい、非常にみずぼらしい(^^;ので、この「レンズを隠してしまえる」機構は、私にとっては非常に魅力的だ。しかし見たところ、下部のイヤホンコネクタは変わっていないようで、また「専用イヤホン」が必要なのかと思うと、少し魅力が減る(笑)。

ソフトウェア機能的には、PCとの連携機能が強化され、702NKでも閲覧できたMicrosoft Wordのdocファイルに加えて、Excel(xls)やPower Point(ppt)ファイルも閲覧できるとのことだ。とは言っても、702NKでWordファイルを開いても、罫線等を使っているとレイアウトどおりに見えることはまず無く(^^;、文字の内容が確認できる程度だ。まぁそれでも、「無いよりはマシ」というところなのだが・・・。

まぁ「702NKII」と銘打っているように、それ以外の機能は702NKと比べても対して変わることが無い。しかし付属のRS-MMCは64MBと倍の容量のが付属する。現在32MBのRS-MMCにレートを落としたAACを無理やり詰め込んで音楽を聞いている私にとっては、すこしウレシイかも知れない。まぁ、最近は702NKが出た当初に比べてRS-MMCの価格もこなれてきているので、あんまり「メリット」と思えないのかも知れないが。

とは言っても、702NKIIは、私にとっては「何かしらの期待感」を持てる機種だ。もしかしたら702NKのバグもいくらか改善されているかも知れない。少しは性能も向上しているかも知れない。まぁボーダフォン3Gの仕様自体がイマイチのところはあるかも知れない(最近も「サーバーメールボックスが受信できる残り通数はn通です」メッセージがウザくてたまらない(^^;)が、702NKユーザーにとっても、どこか気になる一品であることは、間違い無いだろう。

・・・まぁ、ボロカス言った手前、買い換えるかどうかは、まだ分からない(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯のマナー

国も違えば、意識はまるで違うのだ。

ITmediaで「韓国の携帯マナーは緩すぎ? 日本が厳しすぎ?」という記事を読んだ。韓国の電車内では、日本の車内とはまるで違い、皆お構いなしに携帯電話を使用しているそうだ。会話はもちろん、キーの操作音やゲームの効果音(!)までONにして、電車内は騒音だらけだとのことだ。面白いのは、電車内だけでなく、劇場や病院などでも普通に使う人がいるとのことだ。日本だととても考えられない。そんな場所でうっかり使おうものなら、あちこちから「キッ」というにらみ視線が飛んでくることだろう(^^;。

私は地下鉄通勤なので、駅間は電波が届かないために、さすがに長時間通話しているひとは見たことがない。駅でたまたま着信して通話する人をたまに見かけるが、たいていは電車が発車すると電波が途切れて切れてしまい、知らずに話していた人が会話を「強制終了」されるのを見たりする(^^;。まぁJRや私鉄など電鉄各社が、実に口がスッパくなるほどマナーについては言い続けていて、ここ最近は各地で「優先座席付近は電源OFF、それ以外はマナーモード」というルールが定着してきたので、それさえ守っていればニラまれることはない(^^;。

しかし、優先座席付近で「電源OFF」のフリして「マナーモード」にしている人は多いと思う。実際には、3G携帯になると数センチ程度まで近づかないとペースメースカーに影響が無いという報告書を信じきってか、そもそもそうことは知らないが電源ONしている無神経な人が多いのか、とにかく「電源OFF」にしているのを見たことが無い。私はそれが面倒くさいので優先座席には近づかないようにしているが、つい最近、始発駅で電車が着いた直後に乗り込んだ、2〜3人しかいない車内で、わざわざ優先座席に座り、携帯電話を操作している、それこそ「わかっていない」年配の女性を見た時は、「マナーの浸透は難しいのか」と思った。

バスの中ではまだまだ「電源OFF」なところが多い。そういうところでは、周りの手前「オフラインモード」で使った方が良いと思うのは今でも変わらない。かなり前に「オフラインモード時にLED点灯させる」提案を記事にしたのだが、やっぱり現状は各機種で点灯したりしなかったりバラバラだ。まぁ「優先座席ではマナーモード」という簡単なルールすら守れない人がいる中で、「バス車内でメール等を使用する際はオフラインモードで」と謳ってみても、とても浸透するとは思えないが・・・(^^;。

その点では、韓国はまだ電車の中で「携帯電話を使いやすい」国であろうとは思う。しかし、日本は日本できっちりと「他人の迷惑を(各社局が)考える」ことが浸透しているので、その点では電車の中で「過ごしやすい」のは日本が世界に誇って良いだろう。今後携帯電話でテレビや音楽鑑賞等いろんなことができるようになってくるが、それに応じて「車内のマナー」がどう変化していくかは、日韓ともに、見守りたいところだ。

・・・「ちょっとのことぐらいで目くじら立てるな」と言われそう(^^。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラジデンの魅力

やっぱり、やってくれたのはドコモだった。

NTTドコモは、AM/FM/TV音声が聴取できるラジオを「内蔵した」携帯電話、「RADIDEN」(ラジデン)を発表した。モデル名は「SO213iWR」である。AMを含む3バンドに対応したチューナーが内蔵されているのは魅力的である。特にAMラジオを内蔵した電話としては「世界初」だそうである。特に40〜50代をターゲットにしている、ということであるが、通勤途中にたまにAMラジオを聴取することもある私としても、個人的には非常に欲しい商品である。しかし私は現在Vodafoneユーザー・・・。

とにかく、あらゆるところの電波干渉を受けやすいAMラジオを、携帯電話と一体化させたソニー及びソニー・エリクソンの技術力は「すごい」のひと言だ。私も1000円ぐらいの安物AMラジオを、電車の中で携帯電話との電波干渉に気を使いながら、絶えず手に持って微妙に動かしながら聴いていたのだが(^^;、「RADIDEN」を持てば携帯用AMラジオが不要になり、さらにラジオを聴きながら携帯電話も操作できるという便利極まりない代物である。特にラジオ聴取中にラジオの「音量を下げる」という機能は、細やかに気を使った機能だと思う。

私が現在使用している「Vodafone 702NK」は、RealPlayerを内蔵し、MP3を(変換して)入れ込み、音楽を楽しめるのだが、メールを着信して返信しようとすると、メモリの使用具合によっては音楽が止まることがある。702NKにはメモリリークを起こす現象があり、それか傍目には分からないので、ちょっと不便だ。メールを使用する間だけ音楽が止まり、メール機能を終了させたとたんに再び音楽がなり始める。Vodafone 3G(NOKIA携帯?)の不安定さが露呈される格好なのだが・・・。

RADIDEN」は携帯電話とラジオの電源スイッチは別々に備え、操作画面も表と裏に別れている。だからラジオを使わない時は電源をOFFにしておけば良いわけである。もし同時に使用する場合にも携帯電話の操作にラジオ(の画面)が影響されるわけではないので、「かなり使い易そうだ」と感じるのである。たとえばラジオを聴いている際に、最近では番組やCM等でURLが読まれる場合が多くなってきたので、そんな時にi-modeですぐに確認することができる、といった使い方も可能だろう。

さらには、政府が8月22日に、公共の地下街や地下鉄の駅などでラジオや地上デジタルテレビ放送の電波を受信できるよう、全国で電波の受信環境整備に乗り出す方針を明らかにしたことで、今後ラジオの需要は更に伸びてくると思う。ラジオを聴きたくてたまらないオジサンや若者が、「地下鉄通勤だから」という理由であきらめている、という場合も多いと思う(私もそのひとりだ(^^;)。今後地下鉄や地下街にもラジオの電波が届くとなると、「地下でラジオを楽しむ」人は増えるであろうし、地下街でのラジオ中継も増えるかも知れない。

まぁとにかく、現在でも東京都営地下鉄などではAMラジオが聴取できるのだが、特にVVVFインバータ車両等に乗車すると、電波干渉がひどいので、そこらへんの軽減等には気を使ってもらいたいところだが、あまり贅沢言っても仕方ないので(^^;、今後地下でのラジオ聴取可能な場所の増加を期待すると同時に、「RADIDEN」のような端末をドコモ以外(特にVodafone)で出してもらいたいものだと思う。最近のVodafoneには以前ほどの「パワー」が感じられないのだが、「AMラジオ+携帯電話」の需要はきっとあるので、是非とも出していただきたいとも思う。

・・・しかしやはり、AMラジオは「40〜50代」が聴くと思われているのか(私は30代)。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

着メロに想う(その2)

最近は、みんな食傷気味なのか。

ITmedia気になる記事を読んだ。C-NEWSによるリサーチ結果では20代の着メロ利用が減少傾向にあるという。一番利用するコンテンツとしては、着メロが今も全体の半分を超えているが、昨年よりは「利用することが少なくなった」ということである。

確かに最近は携帯電話の基本性能も上がり「着メロ」に代わって「着うた」を利用する人が多くなっている。「原曲のようにリアルな着メロ」より、「原曲そのままの着うた」の方がよりリアル(というか「そのまま」なので当たり前)で、聴こえも良いのかも知れない。特にギターのベンド等、着メロで忠実に再現するのは限界があるのかも知れない。やはり「自分の好きな曲を鳴らしたい」人にとって、「着うた」はより魅力的なのかも知れない。

私の所有する「Vodafone 702NK」は、スタンダードMIDIファイル(SMF)がそのまま鳴るし、CDをWAVEファイルにリッピングしてMP3にエンコードし、iTunesでAACに変換した後に拡張子を変更してRS-MMCから入れ込んでやると、「自作着うた」がカンタンにできる。私も以前買い集めた、国内外のフュージョン系のCDアルバムから、好きな曲のすきなフレーズ、アドリブソロ等を抜き出して「着うた」を作り、電話機に入れ込んで使っているのだが、やはり「好きな曲がそのまま鳴る」という点では、「着うた」はお手軽である。

しかし私は自分で作曲もするので、自作曲のSMFや@niftyのMIDIフォーラムで仕入れた曲を「Vodafone 702NK」や日本無線製のウィルコム端末「AH-J3003S」に入れ込んで、聴いて楽しんでいる。今の携帯電話は数年前ぐらいにPCで鳴らしていたようなレベルのデータも、何の苦もなく鳴らすことができる。まぁ電話機なので、音源もそれなりなのだが、やはり自分で作った曲が電話機で鳴ってくれることは、このうえ無い喜びである(^^。

しかし私の場合、あくまで「聴いて楽しむ」ことも多く(^^;、着信音にしているのは「自作着うた」のみである。「着うた」を数曲入れ込んだ「Vodafone 702NK」に「身内」「会社」等とグループ分けして、それぞれ違う曲を設定しているのだが、いまは会社関係の電話はウィルコムを使っているので、702NK実質かかってくるのは身内や友達ぐらいで、一度も鳴らずに「クヤシイ思いをしている(?)」着うた達も存在する(^^;;。

リサーチ結果の紹介記事でも「普段はマナーモード」にしていたり、「着メロを替えなくなった」りして、新たにダウンロードする人は減って来ているとのこと。まぁ確かに電車内の「マナーモード」は大分浸透しているのが、車内でけたたましい着メロを聞くことは少なくなったし、会社等でも、ビジネスの場で激しいJ−POPを鳴らしている人は少なくなってきたように感じる。(ビジネスの場にふさわしいクラシックやポピュラー等の「シャレた」音を鳴らす人は多いのだが(^^)。

ダウンロードにしても、私も以前は「気になる新曲」や「おもしろい曲」を貪欲に探していたのだが、現在はもっぱら「自作」に走っている(^^;。まぁこうやって「ダウンロードしなくても作れる」状況になっているのも、ダウンロードが減っている原因になっているのかも知れないがそんな人は、まだごく少数だと思う(^^;。大方の人は、膨大な曲の中から「お気に入り」を探すのが面倒くさくなって新たに探すのをやめる人も多いのでは無いだろうか。あと着信音らしくない「リアルな音」に恥ずかしさを感じているのかも知れない。

私も以前コンビニでいきなり「渡る世間は鬼ばかり」のメインテーマ(あの壮大なイントロ)が大きい音で店内に鳴り響き、「何事?」と思って鳴っている方を見ると「・・・ジャーン!(ピッ)もしもし〜」と電話に出た様子で、実は着メロだった、ということがあった。私自身は、「みんな知っている曲」よりは、「自分以外はあまり知らない」曲を入れ込んでいるが、やはりあまり大きい音量で鳴らすと、鳴った時に皆振り返るので(^^;、音量を適度に絞っているが、そうすると歩いている時に気づかなかったりして、連れ合いと喧嘩になる(^^;。

最近は着メロサイトも増えてきて、競争も激しくなってきた。一般的に知られている曲は、それこそ星の数ほどさまざまなデータが存在する。提供側は、いかにユーザーにダウンロードしてもらうために、より分かりやすく、スマートな(聴いて恥ずかしくない(^^;)曲を増やす必要があるのではと思う。特に「玄人受け」する曲は少なかったりショボかったりするので、如何にその(曲さえあればダウンロードしてくれる)人たちを引きつけるような曲を揃えるのも良いのかも知れない。

個人的には「フュージョン系」がもっと増えたら良いのにな、と思う(自分で作った方が早いか・・・)。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

使えないケータイ

もういい加減、愛想が尽きてくる。

最近、「携帯電話が使えない」事象が続いている。私のVodafone 702NKは、メールが使えない事象が発生した。メッセージには「メモリが不足しているので操作できません」というメッセージが出て、新たなメッセージの作成や、受信メールの返信ができない。とりあえず不要なメールを10件、20件と削除したが、一向に現象は直らない。メモリの詳細を確認していると確かに「空きメモリ」は0である。しかし、メールを消しても0のままで、なおかつ「使用メモリ」と、メッセージや電話帳等の合計を比べても、一致しない。いったい何を消せば良いのか、皆目わからない。

そして、連れ合いの携帯(V801SA)に、電話してもつながらないので「何故だろう」と思っていたが、朝から「圏外」で一日使えなかったとのことだ。電話機がこんな状態では、当然私からの連絡が届くはずもない。手に取って見てみると、どうやらUSIMから読み込む情報(?)が壊れていたらしく、電源を入れ直し、再び読み込ませたら復旧したのだが(^^;。それにしても3Gになってから何故こうも品質が悪くなってしまったのだろう。Vodafoneは何か「急ぎすぎている」という感じを強く受ける。

連れ合いに送ると、いつもすぐ返ってくるメールが来ていないのは、てっきり私の携帯が原因だと思っていた。その私の携帯は、メールを100件単位で消しまくると、なんとか空きができ、使えるようになった。しかし、更にややこしいことにまた連れ合いの電話でメールが使えなくなった。私の携帯で試してもMMSが使えない。ホームページで確認してみるとVodafone自体が通信障害で、MMSを含むVodafone Live!が使えないということだった。夜も更けて電話できない中、連れ合いは友人と連絡を取るのに苦労していた。
(追記:障害自体は翌日の夜中に復旧したみたいだが・・・)

各々の現象は直接は関係無いが、よく似た現象であるため「また起こったか」と思ってしまう。どこに原因があるかは、もはや分からないが、それにしても最近、Vodafoneは(特に3Gで)障害やトラブルが多いような気がする。電話やメールが普通に使え無ければ、「携帯電話」として致命傷だと思う。こんなことを繰り返していたら純減が進むのも仕方なかろう。とりあえず私は、番号ポータビリティが実現すれば、すぐにでも他社に乗り換えたい気分である。

Vodafoneには、より一層の奮起を期待したい。(信頼を取り戻すのは難しいかも知れないが・・・。)

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯、ケータイ

人それぞれの世界が、そこには繰り広げられている。

最近は、電車の中で携帯電話を触る人を見かけないことは、「絶対無い」と言い切れるくらい、誰かしら触っている。私もこの文章を携帯電話(Vodafone 702NK)で書いているので、そのうちの一人となるのだが(^^;。

座席に座れた時に、両隣がケータイを触っていることもしょっちゅうである。たいていは指が頻繁に動いているので、メールもしくはモブログに精を出しているのだろうか。我も我もと、競い合うように親指を動かしている。そんな場合は、私なんかはさすがにその中で新たに「参戦(?)」する気にならないが、周りが誰も触っていない時に、私が使いだしたと同時に2、3人が「オレも」てな感じで取り出し、一斉にカタカタ始めると、もうどうでも良くなる(^^;。

少し前にあったことだが、空いた車内で座り、普段通りモブログしていると、何やら「必死よねぇ」というヒソヒソ話が耳に入ってきた。顔を上げると若い女性ふたりが話していた。書きながらその話を聞いていると、「私は電車の中でケータイ使わない。メールもしないし」「そんな急ぐ用事も無いしねぇ」という言葉が聞こえてきた。嗚呼、前のふたりは私のことを見て話してるんだなぁと思った。

別に私に話しかけている訳でも無く、ふたりだけの会話に「参加」しているということ、しかも出汁にされてるということに、少しこそばゆい(^^;感じがしたが、「今時『電車内で携帯電話を触る』ということが、特段珍しいことでもなかろうに」とも思いながら書いていた。

最近、電車内のアナウンスで「優先座席付近では、携帯電話の電源はお切り下さい」と流れる。関西では阪急だけ「いちばん前と後ろの車両では電源をお切り下さい」となる。私は大阪市営地下鉄堺筋線を使っているが、阪急と乗り入れている関係で「端の車両は電源OFF」ルールとなっている。

阪急は全部の座席が「優先座席」という考えから、とくにシールや目印は貼っていないのだが、ある日、真ん中の車両の、他社線だと優先座席の位置(車両の端付近の座席)に座り、ケータイを触っていると、あちこちから咳払いが聞こえてきた。周りを見渡すと皆私の方を見ている。

私はちゃんとルールを守っているのに、周りの冷たい目にいたたまれなくなって席を移動した。関東では全社局で「優先座席付近は電源OFF」で統一してるのに、関西では阪急がカッコ付けているために(^^;余計なルールを覚えなくてはならず、しかもそれがまだ皆に浸透していないようだ。私はその出来事があってから、堺筋線では端の席に座らないようにしている。

まだまだ書きたいことはあるが、キリが無いのでヤメておく(^^;。とにかく、親指ひとつでメールやブログを書いたり、ウェブをしたり、はたまた音楽を聴いたりできる携帯電話を使って、それぞれの人がそれぞれの使い方で、今日も、明日以降も、各地の電車の中ではいくつもの(何十、何百もの?)「その人の世界」が繰り広げられていることだろう。

・・・人のことをとやかく言ったり、にらみつけるのは止めて欲しいと思うが(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

着メロに想う

最近は、いろんな所でいろんな音に出会う。

携帯電話の機能向上に伴って、着メロもどんどん進化している。PCM音源も載り、音もリアルになり最大和音も増えている。街中で電話が鳴っても、「ほんとに着メロ?」と思うほど豪華な音に出会うことが多い。

もっとも、最近のケータイは「着うた」も鳴るので、余計にリアルな(まさしく「本物」の)音が街中を飛び交っている。繁華街などだと、BGMなのか着メロなのかややこしいこともあるだろう(^^;。

私が現在所持している「Vodafone 702K」は、以前の機種とは着メロの仕組みが異なり、SMAFに対応していない。そのため、「Vodafone Live!」やWeb上にたくさん存在するSMAFデータを着メロに設定することができない(--;。私の頭の中では「Vodafoneの着メロ=SMAF」だったので、何も意識せず702NKを買ってしまい、少し後悔している。

私は現在Webオリジナル曲をMP3やMIDIデータで公開しており、SMAFデータも置いたりしているのだが、自分のサイトに置いてある着メロ(SMAF)データが自分のケータイ(702NK)で鳴らせない、という情けない状況である(^^;。ただ、702NKSMFをそのまま鳴らせるので、今後は専用のデータを作ってみようと思っている。

昔、私が入り浸っていた(^^;、@niftyのMIDIフォーラムは、今はパソコン通信から移行されていて、Web上にそのまま存在する。現在アップされているデータは、ほとんどが「SC-88Pro対応」だが、702NKでどこまで鳴るか、遊んでみようと思っている。また、たまたま手元にあるウィルコム(旧DDI-Pocket)のJ3003S(日本無線製)の着メロもSMF対応みたいなので、少し試してみるつもりだ。

よく考えれば、SMFSMAFに変換しなくても良い分、オリジナルな着メロを作る場合に702NKは(J3003Sも?)楽なのかも知れない。ただWeb上で流通しているSMAFが全く使えないというのは、かなりイタイ(^^;。(グローバルスタンダードだから仕方がないか・・・)

いろいろイジくれる(^^;702NKらしく、「着メロ自動作成ソフト」もあるみたいだ。自動作成機能は昔に使っていた三菱の機種か何かで試したことがあるのだが、かなりイタイ(ある意味楽しい?)曲を奏でてくれた、という印象が強い。そんな私としては「ものすごく試してみたい」ソフトである。

でもやっぱり「自己責任で」ということなんだろうな・・・(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バグるケータイ(その2)

Vodafone 702NKとの格闘(?)は、現在も続いている。

前の投稿で「ショップに持って行く」と書いたものの、Web上の書き込みを見ると「結局初期化する」ことになり兼ねないので、もう少し足掻いてみることにした(^^;。

いろいろ探していると、おそらく702NKユーザにとって頼みの綱のひとつであろう(^^「覚書」のページに、電話機を初期化する方法が記載されていた。ボタンを3つ押しながら電源Onするだけなので、「いざとなれば自分で初期化すればいいや」と思い、もう少し「逃げ道」を探ってみることにした。

そしてとりあえず試してみたのは、「サーバ上のメールを削除すれば、電話機のメールも消せるようになるのでは」と思い、以下の手順を試してみた。

(1)電話機メモリをメモリカード(RS-MMC)にバックアップする。

(2)「覚書」に書いてある方法で電話機の初期化を行う。

(3)「Vodafone Live!」の「My vodafone」から、受信通知の再送を行う。

(4)電話機に受信された「MMS通知」を、1通ずつ(^^;削除する。

(受信通知の再送は一度に30通みたいである。私の場合30通を越えてサーバに溜まっていたので(4)の操作の後に(3)から繰り返した。)
 
(5)サーバ上のメールを全て削除した後に、(1)で取得したバックアップより復元を行う。
(自動的に電話機が再起動される)

(6)もう一度、「Vodafone Live!」の「My vodafone」から、受信通知の再送を行う。((3)と同じ)

(7)電話機に残ったメールを削除しようと試みる。

・・・しかし、やはりMMS通知は消せなかった。現象の発生時と同じく、メニューに「受信」や「削除」が出てこなかった(期待した人、ごめんなさい(^^;)。結局、この電話機では、一度とち狂ったMMS通知は(これを書いている現在)消す手段が無いのである。

とは言っても、電話機をまるごと初期化してしまうのもシャクなので(^^;、メールだけ初期化(フォルダを削除?)する方法を試してみるつもりだ。ま、とりあえず「初期化すればMMS通知は消せる」ことは検証できたので、まずはひと安心である。

・・・しかし絶対、702NKを「素人」が使うと、必ずや困難が待ち受けるのは、間違いない(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧