電子マネーのこれから

チャラチャラしたもんは、もう要らない?

電子マネーの分野に「第3の勢力」が登場しそうだ。セブン&アイホールディングスが、「Edy」でも「Suica」でもない、独自の「非接触型ICカードを使用したプリペイド方式の電子マネー」を、2007年春を目処に発行するそうだ。セブン イレブンやイトーヨーカ堂などのグループ企業の店舗で使用できるようにするという。クレジットカード最大手のJCBと提携して開発するそうだ。

他社のコンビニが「Edy」や「Suica」を続々と導入するのに対して、セブン イレブンの「電子マネー」がなかなか見えなかったのだが、やはり考えていたのは「独自方式」だ。他社に迎合するのを「王者」として嫌ったのか、既に秘密裏に進めていたのか、その辺は関係者しかわからないところだが、同じグループのイトーヨーカ堂などでも使えるのは、両方を利用する私にとっては魅力的だ。「Edy」と「Suica」の2大勢力に、セブン&アイとJCBがどう切り込んでいくのか、気になるところだ。

その「Suica」だが、いよいよ携帯電話を使用するサービス「モバイルSuica」が来年1月から始まる。DoCoMoやauから出ている「Felica」搭載のケータイを使用して、従来の「Suica」同様に運賃支払いや電子マネーとして使用できるのはもちろん、ケータイの画面上でチャージや定期券の購入ができる。JR東日本の「ビューカード」への入会が必須だが、自分の携帯電話で電車が乗れ、券売機に行くことなくチャージもできるとなると、なかなか便利だと思う。将来は新幹線のチケットレスサービス等も予定されとおり、座席で車掌にケータイの画面を見せるという光景が新幹線でも見られるようになるのはそう遠くないだろう。

「Felicaケータイ」としては最後発のボーダフォンも、ついに「ボーダフォンライブ! FeliCa」を11月11日から開始している。当初のサービスとしては電子マネー「Edy」の他はマイレージやポイントカードとしての利用だが、きっと「モバイルSuica」やセブン&アイの電子マネーにも対応するだろう。各社の「Felicaケータイ」が出そろったことで、対応するサービスもどんどん増えていくと思う。ケータイひとつあれば「何でもできる」時代に、少しずつ近づいているような、そんな感じがする。

・・・もう、うかつにケータイを落っことすことなど、できないのである(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

進化するコンビニ

ますます便利なお店になるべく、競争は続く。

ローソンと東急が提携し、東急の駅構内にローソンが出店する。1号店は田園都市線の長津田駅構内に06年夏にオープンする予定だそうだ。出店場所は改札口を出たところで、通常の店舗に駅売店式の窓口を設置した形態になる、ということだ。駅の中にあるということは、乗客の利用が見込めるわけで、JR西日本の「Heart-in」などの駅中コンビニは、いつもお客さんで賑わっている感があるので、「駅にローソン」はインパクトあるだろう。

関西(大阪)と関東(川崎)の両方に住んだ経験のある私としては、「西のローソン、東のセブン イレブン」という感覚が強い。大阪在住に大抵ローソンにしか行かなかった私が川崎に移り住んだ時、ローソンを探すよりたくさんあるセブン イレブン等に行く方が早いということがあった。東急沿線に勤めていた私は、もし駅前にローソンができていたら、ローソンパスも持っていることだし(^^;、積極的に利用していたかも知れない。

ローソンだけでなく、私が川崎にいた時に、自宅周辺に何件もあった(^^;王者セブン イレブンも、どんどんサービスを広げている。最近も、店舗内には必ずATMが存在するセブン銀行で、JAバンクやJFマリンバンク(漁協)のキャッシュカードが使えるようになったり、ヤフーと組んで「Yahoo! オークション」での落札品の受け渡しや代金決済ができる方法を検討するという。これだと、家を留守にしがちでも店舗で受け取れるし、支払いも出来てしまえば郵便局や銀行に行く手間も省けて便利になるだろう。手数料によっては、オークションを多々利用している人にとっては助かるはずだ。その一人である私の連れ合いも喜ぶかも知れない。

セブン イレブンとヤフーは、既にヤフーのサイトで買った書籍をセブン店頭で手渡すサービスを提供しており、今後はネットで販売したチケットの店頭受け渡しなども検討しているという。駅や近所にあって、気軽に立ち寄れる存在のコンビニは、こうして知らぬ間にどんどん変化していっている。既に「飽和状態」と言われている中、コンビニ業界は日々新しいニュースを提供し続けている。そして、コンビニは今後も「より便利に」なっていく。それはやはりインターネットと共に進化していくに違いないと思うのである。

・・・まさに「ご近所や駅で何でも済む」時代は、すぐそこに来ているのかも知れない。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相次ぐトラブル

人の問題あり、モノの問題あり、と言って良いのか。

東京証券取引所(東証)と、名古屋証券取引所(名証)が、相次いでトラブルを起こし、共に半日株取引ができない事態に見舞われた。東証の場合は「プログラムミス」、名証は「ファイル破壊」ということだが、いずれにせよ日本の根幹を担う「社会システム」の障害で、いずれのシステムも提供しているベンダーの富士通にとっては、相次ぐトラブルで風当たりは非常に強くなっているだろう。私は過去に富士通関係の会社に在籍し、東証にも(まったく別のシステムの関係で)訪れたことはあるのだが、何か他人事とは思えないトラブルである。

東証の件はプログラムのテストでは見つけられなかったと言い、月替わりで判明したという、厄介なものだった。二重化が効くハードウェアであれば、一方にトラプルが発生しても「待機系」で運用を続けられるが、ソフトウェアでのトラブルは、ミスを起こすと元に戻すのにも時間がかかり、重大なトラブルの場合は致命的である。こういう社会システムほどテストは念入りに十分に行われるはずだ。東証のような大きな体制で何人も掛かっても見つけられなかったのか、それともチェックが十分でなかったのかは当事者でないので分からないが、トラブルが起こると、プログラムは簡単に修正できるものでは無いし、間違って更新したデータをいつの時点に戻すのか等、いろんな検討要素が発生し、時間がかかるのは必至だ。

名証の場合は「データベースファイルの破壊」という、これまた厄介な原因だ。データベースは大規模になる程、破壊された場合のリカバリに時間がかかる。バックアップからファイルを戻して、アーカイブログを反映させて、あるいはシステム立ち上げからのトランザクションをもう一度発生させる等、データベースの「内容」を最新の状態に戻すのには、時間がかかるものである。リカバリより先に障害原因の切り分けにも時間を要しているはずで、その時間も含めるとクラスタ(にしていると仮定して、それ)が上手く動かなければ、数時間のシステム停止は常識的なところだろう。

しかし、そんな「システム停止」は、社会システムでは許されない。システムも巨大化すればするほど関わる人も多くなり、調整事項も多くなる。参加する会社は、下請けを含めると数社から十数社になり、サブシステムも増え、プロジェクトマネージャとチームリーダー等との打ち合わせは増え、それをメンバの末端まで意識を統一するのはなかなか大変だ。人が多くなるとミスも多くなる。そんなミスを防止し、起こったミスを修復する現場のリーダーやマネージャー個人に対する負荷は増大し、ストレスは溜まり、病気になる人もいる。私が過去に在籍したプロジェクトでは、死者が出ることもあった(東証では無いが)。

いずれにせよ、ベンダーの立場からすれば「仕方がない」ことも幾分かはあるとは思うが、顧客にとっては「絶対に止めてはいけないシステム」だ。特に証券取引所の停止は国にとっても大きな損害であり、停止した際の批判も民間のシステムに比べると多大なるものだろう。社会システムの停止はすかさず新聞ニュースのネタになり、テレビでも多々放送される。テレビのキャスターの素人コメントにはややガクっと来るが、最近はITに対するリテラシーも浸透してきたのか、一般人にも「システム障害」の意味がわかるようになって来ている。

ベンダーとしては、システムの停止が一般人に対するイメージにまで影響してくる昨今では、下手にミスは起こせない。もちろん日々トラブルを起こさないために努力する現場の状況は、同業者として大体、痛いほどわかる。しかしそんな中でもシステムが停止すれば即批判の嵐なので、特に社会システムに携わる人には、歯を食いしばって頑張ってほしいと思う今日この頃である。

・・・私も、最近はそういう緊張するシステムには、テンでごぶさたであるが(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一生面倒見ます?

卒業生も、全て大学が応援してくれるとは、なんとも心強い。

大阪市吹田市の、地元では知らない人はいない?関西大学が人材派遣業大手のパソナのグループ企業と提携して、卒業生に対する無料就業支援を始めるということだ。大学の就職窓口は主に新卒者対象としているが、民間の人材派遣企業と提携し、卒業生の人生に対して大学が若者から熟年層まで支援するということは、非常に魅力的なことで、大学側もそれにより魅力の向上を狙っているとのことだ。(参考記事)

実際はパソナが大手企業と共同出資した「関西雇用創出機構」は、大手のベテラン技術者を中小企業に転職の仲介を行っており、様々な企業の求人情報を把握している。その「関西雇用創出機構」が関大と業務提携し、いろいろな経験を持つ「就業支援のプロ」が卒業生に対応し、有用なセミナー等を紹介してくれるという。窓口は大阪市内にある同機構の中に設けるとのことだ。

世間には、「NEET」が若者を中心に溢れ出していて、また雇用のミスマッチや、俗に言う「2007年問題」など、就職に関する問題はいろいろ噴出している中で、大学が卒業生の人生を言わば「一生面倒みます」と宣言してくれているみたいで、卒業生にとっては非常に心強いのではないかと思う。比較的就職率が良い関大が就職問題に取り組みだしたことで、他の大学も追随するのではないかと思われる。

・・・と、ニュースを検索してみると、「中央大や法政大など大学・短大42校が連携してニートや、フリーター生活者たちのための就職支援事業に乗り出した」というニュースも見つけた。やはり現在のこの状況は、大学などの教育機関としても放っておけないのだろう。政府の対策がイマイチ良くわからず、まだ具体化されていない(見えてこないだけかも知れないが)中、民間からこういった動きがあるのは、定職に就けない若者にとっては、良い時代になってきているのではなかろうか。

・・・ま、最後はあくまでも自分のやる気とガンバリが大事なのは当たり前なのだが(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

拡大するライブドア

もう、「どんどん膨らむ」風船みたいなものだろうか。

最近勢いづいている、俗に言う「ネット企業」(こんな呼び方できたの何時からか知らないが(^^;)のライブドアが、なんと通販大手であり老舗のセシールと資本・業務提携を行い、通販事業を強化するというニュースが飛び込んで来た。「セシール」と言えば、私の身近でも連れ合いが良く利用しており、おそらくほとんどの人が「通販の会社」という認識を持っているだろう。それくらい有名な会社だと思う。そこにライブドアがついに入り込んできたということは、インターネット全盛のこの時代の象徴的な出来事だと、私は思う。最近はTBSとの絡みで楽天(の三木谷氏)が気を取られているのを突いた、またとないタイミングなのも、おそらく全て計算ずくだろう。

堀江社長は、ついこないだ衆院選に出馬して世間を驚かせたが、最近は堀江氏が「昔から興味があった」という宇宙ビジネスに関する言動がクローズアップされているし、かと思えば(渡辺恒雄氏のネタかも知れないが(^^;)衆院選の絡みで「広島カープを、自民党の武部幹事長の後ろ楯で買収を試みている」というウワサも立ち、日々新聞の紙面を賑わせている。ほんとに「会社を見せる」のが上手いと思う。ちなみに「ホリエナジー」というドリンクまで発売しているが、ちと高いので飲む気がしない(^^;。

今ホットな話題である「TBS vs 楽天」についてもTBSに対して「ホワイトナイト」を申し出たり、社長日記でコメントしたりしていて、インターネットのニュースサイトでも、ライブドアや堀江社長の名前を見ない日は無いほどだ。こうして日本のあちこちで、いろんな分野に「ライブドア」が絡んでくることは、世間に対して大きなアピールになるだろう。最近は広報の乙部綾子さんもピンでタレントと同じくテレビに出てくることが多くなったが、それも全て「ライブドアを世に広めるため」だとすれば、凄腕だと思うが・・・。

堀江社長は、日々自身の思いを「社長日記」に綴っているが、日に日に書く分野がバラエティに富んでいるというか、めちゃくちゃアレコレ手を出しているというか、「livedoorナントカ」というサービスがどんどん出来てきている。会社をどんどん大きくして、ソフトバンクに追いつき追い越せの精神で、堀江社長以下、グループの役員や従業員は頑張っているのだろう。もう知名度としては、かなりの人に知られてきたのでは無いと思う。あの渡辺恒雄氏だって「ホリエモン」と呼ぶくらいなので・・・。

・・・かくいう私は、「ライブドア出張」が便利で、たまに使っているくらいであるが(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ダイエーの新ロゴ

それは、「変わっていく」という意思表示なのだろう。

ダイエーの新しいロゴマークが、ついに発表された。新しいマークは、従来からのコーポレートカラーであるオレンジ色の、少し変形したハートの形に「daiei」の文字を加えた。「こころ(ハート)をこめて、お客様をおもてなししていこう」というコンセプトだそうだ。12月1日から順次切り替わって行く予定とのことだ。

また、創業者の中内氏が考えた、おなじみだった「よい品をどんどん安く、より豊かな社会を」というスローガンもやめて、「ごはんがおいしくなるスーパー」という新しいスローガンを掲げた。「時代の変化と共に国民の意識が変化し、企業理念が時代にそぐわなくなった」ためだとのこと。「食品スーパー」としての決意の表れは、「新しいダイエー」としてのイメージを消費者に焼き付けようとしているのだろう。

確かに、他のスーパーと比べても、ダイエーの食品、特に惣菜は種類も多く、美味しいと思う。関東に住んでいた頃に良く行った、東京都目黒区の碑文谷店の惣菜コーナーは、スペースがとても広く、また商品の内容も目を見張るほどの充実さで、あらゆる食べ物が選び放題だった。現在良く行っている大阪市平野区の長吉店でも、惣菜のコーナーには常時美味しそうな惣菜が並んでいて、良く買う。また最近では生鮮食品(特に野菜)の売り場が一変し、明るい照明で新鮮に見える(?)野菜が、山積みでなく少量ずつ並んだ状態で選べる。

そんな変わりゆく店舗をよそに、相変わらず来店する客のマナーは良く無く(^^;、店員さんの愛想は、「以前よりは少しは良くなったかな」という感じなのだが、以前ほど店内で不快に思うことは無くなった。これはやはり「新しいダイエー」を必死にアピールしている経営層の考えが、現場にまで行き届いている証拠なのかも知れない。しかしまだイトーヨーカドーやイオンに比べると、「徹底していない感じ」もする。かつて「流通の王者」だった頃の驕りが、まだ少なからず残っているのかも知れない。

不採算な店舗は閉鎖し、希望退職を募って人員も削減するダイエー。新しいロゴとスローガンで、現在の「なんとなく暗い」イメージを払拭できるのか、これからのダイエーの巻き返しに期待したいところだ。

・・・なんだかんだ言って、一番「買いやすい」のはダイエーと思っているので(^^。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレーイングマネージャ

どの世界でも、それは大変なことだろうと思う。

ヤクルトスワローズの古田敦也捕手が、来期からの「選手兼任監督」に就任することを正式発表した。選手と兼任する監督としては、1977年の野村克也氏(南海)以来だという。その野村克也氏は、南海ホークスをリーグ優勝に導き、選手としての現役を引退後も、ヤクルトの監督として4回のリーグ優勝と内3回の日本一を達成、阪神タイガースの監督も務め、楽天の新監督に就任が濃厚である。その野村氏の「愛弟子」と言われていた古田捕手が「プレーイングマネージャ」として監督のキャリアをスタートさせるのは、何か因縁めいたものを感じる。

一般の社会人の世界でも、「プレーイングマネージャ」として動ける人は、なかなかいないと思っている。私が以前システムエンジニアとして勤めていた某メーカーでは、入社した90年代始めには課長の役割はほんとに「部下の管理」という、典型的な管理職という感じだった。その後課制が廃止され、「課長」という役職は変化した。今まで自席の机に座り、部下の報告を聞き、顧客に向かうのは月イチの定例会のみ、という感じであった課長が、課制廃止以後は一般の主任レベルと同樣に「仕事」をするようになった。

社内での呼び名も「幹部社員」という名前になり、増えるプロジェクトに対する人材不足なのもあってか、課長がどんどん現場の前線に出る様になった。大きなプロジェクトなにると、課長や、場合によっては「部長」の肩書の付く人まで、現場でシステムの要件定義や、プログラミングに手を出していた。逆に言うと若手がなかなか育たないから「やらなければ仕方ない」という感じの人も多かったかも知れないが、少なくとも「机に座るだけの課長」は激減した。

ITの世界は激しく動いており、技術革新も目まぐるしい。ボヤボヤしているとすぐに置いていかれてしまう。増してやこの「成果主義」の世の中、若者であろうが年寄りであろうが、全て「実力」で問われてしまうので、何かして成果を見いださなければ生き残れなくなっている。そんな状況下で、例え役職が付いてもどんどん仕事して実績を残さなければならない実情があり、「机に座るだけの課長」はリストラの対象になることも少なくない。景気や企業の変化によって、なおさら「プレーイングマネージャ」という役割が目立って来たのかも知れない。

話を野球に戻すと、私は野村克也が南海ホークスで選手兼監督として活躍していた頃、父に連れられて大阪球場に太平洋クラブライオンズ(現・西武ライオンズ)戦を観戦したことがある。当時は4〜5歳だったので、「観に行った」ということしか覚えてなく、「野村克也が選手兼監督を務めていた」ことなど微塵も知らなかったのだが(^^;、そんな昔(と私は感じる)以来の「選手兼任監督」になる古田捕手が、来期にどういう活躍や采配を見せてくれるのか、今から楽しみである。

・・・私は別にヤクルトのファンでもなく、(今でも)ホークスのファンなのだが(^^;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽天とTBS

やっぱり、「ついに来たか」という感じだろうか。

三木谷浩史氏が社長を務める、あの「楽天」が、なんと「TBS」の株を買い進めて筆頭株主になり、そしてTBSに経営統合を申し入れた。楽天はTBSに対し、「共同で持ち株会社を設立し、配下に楽天グルーブとTBSグループがぶら下がる」案を披露した。三木谷社長は、「インターネットと放送の連動による広告料収入の拡大や、TBSの番組をブロードバンド配信する等、メリットを強調している。

このことは球界にも影響が出る。楽天は「東北楽天ゴールデンイーグルス」の親会社であり、TBSは「横浜ベイスターズ」の70%程の株を持つ筆頭株主だ。もしこの経営統合が実現するとグループ内でふたつの球団を持つことになり、現在の野球協約に違反するという。この件は三木谷社長も「野球界のドン」である渡辺恒夫(読売巨人軍会長)に相談していて、渡辺氏は「それは三木谷君にも言ってあるから、彼はよく知ってるはずだ」とコメントしているように、事前の根回しは済んでいるという感じだ。イーグルスかベイスターズが売られてしまうのか、今後の行く末を見たいところだ。

私の意見としては、楽天がTBSのコンテンツをどんどんネット上に配信してくれるなら、大歓迎だ。特に現在関東ローカルでしか視聴できない番組を、どんどんネット上に出して欲しいと思っている。このプログをいつも読んでいる人なら「言わずもがな」であるが(^^;、「宮川賢のパカパカ行進曲」の地上波と完全同時のストリーミング放送などをやってもらえれば、私個人としてはサイコーである。これを聴きたい「バカ大人」の人は、結構多いはずだと思うのだが・・・。

とにかく、これでまた「放送と通信の融合」に向けて大きな動きがあったことは確かだ。TBS側も「唐突でびっくりしたが、真剣に検討する」という姿勢を見せており、今後の両者の動きから目が離せない。しかしライブドアも楽天も、常にテレビに顔を出して、露出が大きく、ここ数年で知名度のアップは目の見張るものがあったと思う。私も正直、両社がここまでしょっちゅうテレビに出てくるとは、数年前まで想像しなかった。楽天には、今後の放送業界にも影響しそうなこの「経営統合」を、何らかの形で良い方向に持って行って欲しい、と期待する。

・・・とにかく、「パカパカ」が全部大阪で聴ければ、私は良いのだ(ホントしつこい)。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わりゆくダイエー

もう以前とは、違うところに行こうとしているのか。

大手総合スーパーのダイエーが、30年間使用してきた、あの橙の円形が欠けた形の、おなじみのシンボルマークを変更する考えのようだ。私なんかは、あのマークを見れば「ダイエー」とすぐわかるあのマークが変更されるというのは、少し寂しい気がする。ダイエー以外でも、サカエやマルエー、マルエツ等、多少色などは変われど、おなじ「欠けた円」で、ダイエーグループだとすぐわかるだけに、ダイエーにとっては一大決心であっただろうと考えさせられる。

もっとも、過去の業績不振により産業再生機構の支援を受ける中、復活のために「過去を断ち切る」ためには、イメージの変更は欠かせないのかも知れない。過去、「ジャスコ」も「イオン」に社名変更した直後は違和感があったが、今ではもうすっかりなじみ深いものになっている。「ニチイ」が「マイカル」になり、ニチイ各店舗が「サティ」や「ビブレ」に変わり続けた時も、しばらくすれば慣れてしまい、洗練されたイメージが付いた。

やっぱのあの橙の欠けた円は、ダイエー創業者である中内氏のイメージが非常に大きい。そのイメージを引きずっていては、ダイエーもいつまで経っても変われないのだろう。同じく橙色のイメージが強かった、前の福岡ダイエーホークスも、今や橙ではない「福岡ソフトバンクホークス」に生まれ変わっている。そう言えばホークスも南海電鉄からの買収当時、中内氏がオーナーであった。まさにバブルの真っ只中で、流通業が勢いづいていたのもあの頃だと思う。

しかしその後バブルははじけ、阪神大震災もダイエーの経営を悪化させていった。有利子負債は2兆円を超えるまでに膨れ上がり、中内氏は経営から退く。2004年には名誉職も全て退き、先月2005年9月に、脳梗塞で静かにこの世を去っていった。ダイエーは中内氏の社葬も行わなかった。そして今回の、中内氏のイメージが強いシンボルマークの変更。とにかくダイエーは、徹底的に「中内色」をグループから消し去りたいと思っているのだろう。

私個人的には、ダイエーに対する印象は「可も無く不可も無い」だ。最近は徐々にイメージチェンジの感じも出てきているが、特にこれといって大きな特徴は無く、魅力的なことも少ない。しかしこれといって買い物しにくいというワケでもなく、食材もそこそこ良いものがそこそこ安いと感じており、特に惣菜などは美味しいと思う。でもイトーヨーカ堂イオンにあって、ダイエーに「まだまだ」足りないところがあると思う。業界トップを突っ走っていた頃の「奢り」があるのかどうか知らないが、何か物足りなさを感じることがままにある。

私が特に思うのが、「顧客対応」だ。一時期、社長が変わった直後には、私の自宅近くのダイエーも、いつも半分も埋まらない駐車場が、満車寸前にまで埋まっており、店内も今までに無い超満員で、私なんかは「何が起こったのか」ビックリすると共に、「ダイエーはこれから変わっていくんだ」という予感を何か感じさせた。しかしそれから数カ月経った現在、その同じダイエーの店舗は、「いつものダイエー」に戻っていた。店員も別に愛想良いワケでなく、いたって普通。商品もそこそこ良く、そこそこ安い。何かあの「勢い」が消えてしまった感じだ。

何か店員に覇気が感じられない。顧客の心をつかんでいない。イトーヨーカ堂などに行くと、レジの応対で不快な思いをしたことは過去に一度も無く、品出ししている店員さんが、ただ「いらっしゃい」と叫ぶだけでなく愛想よく話しかけて来たり、試食を担当する店員さんも決して無理強いせず、かといって無視もせずちゃんと声を掛けてくれたり、店内の良い雰囲気づくりを非常に意識していると思う。ダイエーの店員さんがそれをできていないとは思っていないのだが、何も伝わってこないのも確かだ。

まぁ川崎市内の(中原区に近い高津区あたりの)とあるマルエツの店舗のように、やむを得ず子供を乗せていないベビーカーを引いているだけで不審者扱いされ店員につけ回される等、高飛車な対応をされるということは、大阪のダイエーではさすがに無いのだが(^^;、やはり良いイメージがあまり無いのが事実なのである。私もなんだかんだ言って、ダイエーには頑張って欲しいと思っており、実際に店舗へ買い物にも良く行く。あの橙の欠けた円がどんなシンボルに生まれ変わるかは楽しみなところだが、実際店舗でシンボルだけでなく「変わった」と思わせるものが欲しいと、個人的に思う。

・・・また一消費者が、エラそうなことを言ってしまったが(^^;、あくまで一意見として。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小売業のこれから

景気の回復も、いよいよ目に見えてきたのかも知れない。

大手スーパーのイオンとセブン&アイホールディングス(HD)が、2005年8月中間連結決算を発表した。いずれのグループも過去最高の売上高を記録したとのことだ。イオンは2倍営業増益、ヨーカ堂は営業減益の違いはあるが、これは個人消費の拡大傾向にも押されたのだろうと見られている。両グループとも、子会社のコンビニや金融業の利益が大きいそうで、特にヨーカ堂と同じセブン&アイHD配下のセブン−イレブン・ジャパンが利益をたたき出しているが、最近は伸び悩んでいたスーパー本業でも、「クール・ビズ」の影響で衣料品の売上が伸び、回復の兆しを見せているということだ。

確かに、私が最近ショッピングセンターやスーパー等に買い物を行っても、いつも賑わっているように感じる。皆スーパーセンター等の大きい店に集まっているだけという風に思いがちだが、昔からある普通の総合スーパーでも「活気」を感じる。最近産業再生機構の支援を受けているダイエーでも、最近の店内は以前のどんよりとした雰囲気に比べて幾分か明るくなった気がする。そしてそこに集まる人々を見ていると、少しは景気が上向いているような気がするのである。

総合スーパーの衣料品コーナー等は、ユニクロ等の衣料専門店に比べて「パッとしない」という印象を私は持っていたのだが、最近はショッピングモールと言う形態の中で色々な専門店がしのぎを削っており、スーパーに並ぶ衣料品もそれに刺激されてか魅力的な商品が並ぶようになってきていると思う。特に最近出店したイオンやイトーヨーカドーの大規模店舗では、衣料専門店よりも豊富な品揃えで、価格的にも大して変わらないような気がする。増してや同じ建物に専門店も入っているので、わざわざ郊外のユニクロにクルマで出かけようとは、まず思わない。

まぁ郊外の店舗に行くにしても、例えばモール内の店舗に無い商品がその店舗にあった時ぐらいだろう。実際連れ合いは、「Right-on」などで子供服を買う場合、モール内で見つけて「良いな」と思っだが買わなかった商品を、帰りの車の中で思い直し、郊外店で買ったりする。レアな限定ものなどは方端から電話をかけ、あった店舗に飛んで行く、という買い方をするので(^^;、モール内、郊外店というのはあまり関係ないかも知れないが・・・。

・・・少し話が逸れたが、私自身は前にも書いたように、スーパーに行くのが大好きなので、少々遠くてもクルマで出かけて行く。しかし結構いくつかの店舗に行き尽くした最近は、やはり行く店舗は限られてきている。その際にはイオンもしくはヨーカ堂(関西にはまだまだ少ないのだが)、あるいはイズミヤに行くことが多くなってきている。まぁひとつの条件として「『わんぱく線』に息子を乗せることができる店舗」というのが付いてくると、ほんとに2〜3店舗に限られてくるのだが(^^;。

景気の回復を肌で感じている現在、ただ大きい店舗、豊富な品揃えや安さだけでなくて、きちんと顧客に目の行き届くような対応などが、私にとってはウレシイことなので、現在それができていると思う、イオンもヨーカ堂も、そしてそれ以外のお店も、とにかく、小売業の各店には、魅力的な、買い物しやすいお店を作って欲しいなぁと思う。

まぁ、お客もマナーをわきまえなければならないのは当然なのだが(^^;

人気blogランキングへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)