気になるタレント

この話題に食いつく人は、多いんじゃないかと思う。

会社や学校で、コミュニティ誌で「自己紹介」欄に載る情報としては、必ずと言って良いほど「好きなタレント」が項目として入る。たまに恥ずかしがって(^^;「いない」と書く人も少なくないが、たいてい「異性で気になるタレント」を書く人が多いのでは無いだろうか(^^。

このブログにも、「半井小絵」「皆藤愛子」というキーワードで飛んで来てくれる人は多い(^^;。挙げたふたりは「お天気お姉さん」だが、「お天気」よりも「お姉さん」を想ってネットで検索している人がそれだけ多い、ということが言えると思う。

私自身は、自慢にはならないが俗にいう「ミーハー」である。「好きなタレント」も、その時々によりコロコロ変わる。しかし同じ女性の有名人でも一貫して自分の中で「純粋に異性として好きな人」と、「音楽的に惹かれる人」と2種類ある。

・・・これ以上あれこれウンチク並べても面白く無いので、過去に「音楽的に」気に入っていた女性シンガーをいくつか挙げてみる(^^;。

相田翔子(元Wink)
今でこそ天然キャラで知られている彼女は、Winkで洋物のカバー曲を歌っていた。歌唱力とウィスパーボイスに惹かれ、アルバムを買いあさった記憶がある(^^;。最近でも歌手としての活動はしっかりと続けていて、ボサノバ系の歌をラジオで聴いたことがある。最近のコーヒーのCMで歌う姿は、Wink当時を思い出させる。

森高千里
「非実力派宣言」の頃、宅八郎が持つフィギュアでも有名だった(^^;彼女は、ユーロビートにのせて歌う「17才」が印象に残り、しばらく聴いていた。歌詞にオリジナリティがあり、ポップな曲調と相まって、非常にバラエティ豊かな曲ばっかりで、聴いてて飽きなかった。

相川七瀬
変にアイドル的に媚びることなくロック・Rockしている歌が気に入っていた。トークで喋る姿はヤンキーの姉ちゃんに見えるが(^^;、歌っている姿は一変してカッコよく、また声にもアイデンティティがあったと思う。勢い良く突っ走っていた感じがする。

中島美嘉
最初に声を聴いた時、「えらい歌上手い」と思った(^^;。ドラマ中にアカペラで歌う姿を見てシビれたのを覚えている。最近では元クライズラー&カンパニーの葉加瀬太郎氏とのコラボレーションが印象に残っている。現在も立て続けにヒットを飛ばしている彼女の歌声は、未だ多くの人を魅了していると思う。

平原綾香
あのホルストのカバー曲「Jupiter」を聴いた時、鳥肌が立った。なにしろ、音大在学中という素養もあると思うが、あのサビのオクターブ違いのユニゾンを聴くと、完璧な音程に魅了されてしまう。現在あちこちにひっばりダコの彼女であるが、ホームページ等を見るとやはり20代の女の子であり、そのギャップ感がたまらない(^^。

・・・結局ウンチクっぽくなって来たので、ここらへんでヤメにしとこう(^^;。

人気blogランキングへ






| | Comments (0) | TrackBack (0)