社内うつ?

最近、この言葉が気になっている。

以前から知り合いの産業カウンセラーに聞いたこのとある言葉であったが、gooの「注目ワード」にも登場したので、検索して見てみた。すると、「社内うつ」という書籍を書いた小杉正太郎氏(早稲田大学文学部教授)のインタビューにたどり着いた。

「社内うつ」の特徴として、会社で仕事している時は憂鬱なのに、一旦会社を出てしまうと家庭などで元気に普通に暮らしている、ということだ。それは一般的に言われる、全ての時間において何に対してもやる気が出ない「うつ病」とは違い、病気ではないそうだ。社内にいる時だけ「うつ傾向」になる、ということで、小杉氏が「社内うつ」と名付けたとのことだ。「会社の中に何か原因があり、それに適応できていない」という状態であるそうだ。「社内不活性・社外活性」と小杉氏は呼んでいる。

そう言われると、思い当たるフシはある。以前勤めていた会社では、それこそ成果主義の「先駆け」と言える企業で、インタビューにも例示されている「度重なる組織改変」「コロコロ変わる管理職」「部署の仕事を理解しない上司」「ただ叱責するだけの上司」を多数見てきた。そんな職場で仕事をしていた私は、たびたび自分の役割や仕事が分からなくなっていた。定期的なミーティングを提案しても袖にされ、皆黙々と「自分の目標」に邁進する「奇妙な職場」で、間違たりミスすれば建設的な話はなく「ただ叱られる」。

上司が仕事の内容を理解していなかった。確かに過去の「実績」で管理職に昇格した上司も、「個々のメンバーの役割」を十分に考える人は少なかった。人間関係にも気を使わず、人材育成もチームビルディングも放棄して、ただやって来た「自分の目標」に関係する、「成果」に関係する部下のみを可愛がる。必然的にそれに関係ない、「縁の下の力持ち」的な部下は「放置」されることになる。そしてその部下がいくら組織に貢献しても、成果には結びつかない。上司の「お気に入り」の社員のみ良い評価を受け、昇格していく。

・・・こういった状態が、成果主義を取り入れた職場ではどこでも見受けられると思う。特にIT企業などではSEと営業が一緒に仕事することは多いし思う。営業でも「成果」のみを重視している人は「上司の飼い子」である「できるSE」にはゴマをすり、良い仕事を持ってくる。そうでない「普通のSE」にはそれなりの仕事しか持ってこない。「お気に入り」であるか、そうでないかによって、携わる仕事の質にも違いが出てくる。そんな中で社員間の「格差」はどんどん開いていくのだ。

そんな状況下で、「仕事のゴール」が見つけられず、それを上司からも教えてもらえない、指針すら一緒に考えてもらえずに、もがき苦しみキャリアを形成できない人たちは多いと思う。そんな「理想と現実のギャップ」を強く感じた人が「社内うつ」になっていくのだと思う。職場を離れた一般社会では「成果主義」など無く、だれにも「評価」されることなど無いので、普通にのびのび元気になれるのは、そのせいだろう。

最近では中途採用する会社が増えてきているが、そこでも「社内うつ」が増えているという。「とりあえず手が足りないからと新しい人材を採用しているケースが少なくない。そうすると、仕事内容と中途採用者の職能にミスマッチが起きる」そうだ。私も中途採用をしている企業に転職したが、「ミスマッチだな」と思うことは多い。ことさら「組織の期待」が大き過ぎ、その期待に答えられないと「な〜んだ」という感じにもなる(^^;。そして本人としては「自分のやりたいこと」と「現実」のギャップを知ることにもなる。今まで何年もの間「違う文化」で仕事してきたので「職場への順応」に時間がかかるということだろうか。

しかし、こんな状態がいつまでも続くと「社内うつ」になりかねない(^^;。深刻な状態になる前に何らかの「打開策」を見つけようと、いろいろ考えないといけない時期なのかもしれない。私と同じような境遇におかれている人は多いと思う。「社内うつではないか」と思った人もいるだろう。しかし本当に「うつ病」になってしまったら「自分ではわからない」とも言われるので、そうなる前にいろいろ「前向きに仕事できる」方法なり環境なりを探した方が良いと思う。「後悔ない人生」を送りたいのは、誰もが同じだろうから。

・・・けっこう熱くなってしまった。やはり自分の状況が悪いからなのか(^^;;

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グリシンで就寝

それを見つけられる、ということはスゴいことだと思う。

先日見た「がっちりマンデー!!」で、今や「健康食品の王者」に君臨している味の素を特集していた。ゲストは味の素株式会社 代表取締役社長 最高経営責任者の山口 範雄氏だった。そして番組の中で、最近開発された特定保険用食品のひとつとして、アミノ酸のひとつである「グリシン」が、「睡眠障害」に効果があるということが紹介されていた。
以前から「快い睡眠」ができていない感じのある私は、その情報に食い入ってテレビを見ていた。

なんとも、これには面白いエピソードがある。坂井さんという研究員が社内のボランティア試験で、もともと別のアミノ酸の効果を懸賞するために、比較用のニセモノ(擬似薬というそうだ)として、グリシンを飲んでいたのだが、決まった時間に飲むのを忘れがちで夜にまとめて飲んでいたところ、就寝時にいつもかいていた大きないびきをすることなく、ぐっすり寝ているということを奥さんが見つけた、ということだ。(以上、がっちりマンデーのページより)

そんな「偶然の発見」をきっかけに、動物実験、安全性の調査、人による実験等、いろいろな実験を経て商品化されたのが「グリナ」という製品である。1回あたり3000mg(3g)の「グレープフルーツ味」のグリシンを摂取することで、快適な睡眠が得られるという。就寝30分前の摂取で、「ノンレム睡眠のなかの深い睡眠ステージである徐波睡眠に達するまでの時間が短縮する」そうだ(詳しくは味の素のグリシンの「睡眠の質」改善効果についてのページを参照)。やはり「アミノ酸のプロ」である味の素でないと、作れない「食品」だろうと思う。

私もストレスなのか肩こりなのか、寝相なのか枕が悪いのか、とにかく「睡眠の質」が悪いと常々感じている。このままだと昼間の生活にも身が入らないので是非とも試してみたいのだが、この商品は味の素の通信販売でしか手に入らず、価格的には30回分で6,930円(送料別)と決して安くない(^^;。しかし6回分のお試しパックもあるみたいなので、お小遣いに余裕ができたら(^^;;一度試してみようと思っている。睡眠薬に頼らず、あくまで「食品」で睡眠が改善できるということは、画期的なことだろうと思う。

睡眠で困っている人にとっては、福音となる「食品」ではなかろうか(^^。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

適正飲酒の意味

何か、考えさせられてしまう「10ヶ条」だ。

つい最近、「適正飲酒」という言葉を知った。Webで検索すると、(社)アルコール健康医学協会が平成6年に提唱した「適正飲酒10ヶ条」という、お酒を飲む際の心がけについて、わかりやすく10ヶ条にまとめたものがある。

(以下、引用)
--
1. 笑いながら、楽しく飲もう
 ヤケ酒は飲みすぎのもと。楽しみながら飲みましょう。

2. 自分のペースでゆっくりと
 アルコールの分解度は個人差があるので、自分のペースを守って。特にイッキ飲みは、急性アルコール中毒の危険が大です。

3. 食べながら飲む習慣を
 お腹に食べ物が入っていない状態でアルコールを摂ると、胃壁を傷めるほか、アルコールの吸収が通常の2倍になり、悪酔いの原因に。

4. 自分の適量にとどめよう
 適量を守って飲めば、二日酔いや悪酔いもせず楽しめます。

5. 週に2日は休肝日を
 同じ酒量でも、毎日飲む人は、間をあけて飲む人より肝障害を起こしやすく、重くなりやすいのです。

6. 人に酒の無理強いをしない
 アルコールの分解酵素の量は人によって違い、一口で気分の悪くなってしまう人もいるので、自分にとって少ない量でも人への無理強いは絶対禁止です。

7. 薬と一緒には飲まない
 アルコールが薬の作用を強めることがあり、重大な副作用を起こす危険があります。

8. 強いアルコール飲料は薄めて
 胃や口腔・食道への刺激が強く、各部位のがんの発症を促進するといわれています。

9. 遅くても夜12時までに切り上げる
 お酒の代謝には時間がかかるので、朝までアルコールが残らないようにしましょう。

10. 肝臓などの定期検査を
 肝臓は別名「沈黙の臓器」 。自覚症状が出にくいので、検診で早期発見につとめましょう。
--
(引用終わり)

10ヶ条をひとつひとつ読んでみると、「なるほど」と思うことばかりである。「楽しく」「ゆっくりと」「食べながら」「適量を」「薄めて」飲み、時には「休肝日」を設け、「人に無理強いせず」、「薬とは飲まず」、「遅くまで飲まず」、「肝臓の検査を受ける」ように心がける、という「飲む人にはあたりまえ」というか、「理にかなった」10ヶ条だと思う。

しかし、そんな10ヶ条について批判する声がある。飲酒問題に詳しい宮千代加藤内科医院の加藤純二氏は、自身のホームページで「適正飲酒十ヶ条とは事実上の飲酒礼賛の概念で、諸外国のアルコール医療の専門家が読んだら、吹き出して笑ってしまうような内容なのです。」と言いきる。また、「財団法人 日本禁酒同盟」のページでは「新10ヶ条」と題して10ヶ条をひとつひとつ言い直している。その10ヶ条は以下のとおりである。
(以下引用)
--
1.笑いながら共に、楽しく飲もう → 家族が困る飲み方なら専門病院へ

2.自分のペースでゆっくりと → 長時間の晩酌はアルコール依存症の危険サイン

3.食べながら飲む習慣を → 習慣的飲酒は依存症につながる

4.自分の適量にとどめよう → 安全量は1日1合まで

5.週に二日は休刊日を → 止めたり、大量飲んだりは重症依存症の特有の飲み方

6.人に酒の無理強いをしない → 酒に弱い人はきっぱり断ろう

7.薬と一緒には飲まない → 酒を止めて、薬も減らそう

8.強いアルコール飲料は薄めて → 薄めても酒は酒

9.遅くても夜12時で切り上げよう → ワンパターンの一人酒は危険なサイン

10.肝臓などの定期検査を → アルコール依存症は血液検査では分からない

--
(引用終わり)

どちらが良いかは、人それぞれあると思う。たしかに「10ヶ条」を鵜呑みにしてお酒を飲み続けた結果、アルコール依存症や各種疾患に陥った人も、実際にいる。私なんかは「酒に依存する」ほどお酒を飲まず、自分の限界も知っている(限界以上は飲めない)ので、「適正飲酒10ヶ条」が素直に頭に入るのだが、実際に苦しんでる人を直接現場で見ている医師の立場としては、お酒が売れないと困る酒類メーカーに媚びた「10ヶ条」を許せないのだろう。メーカーに担がれておいそれと「10ヶ条」を出してしまった(社)アルコール健康医学協会や厚生省、それに国税庁は、どういう思いでいるのだろうか。

やはり国やその関連機関が世間に物事を提唱する場合は、よく考えなければいけないのだなぁと、漠然と感じた次第である。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏には麦茶

私はコレが無いと、夏をやってられない(?)

麦茶と言えば、「夏の定番」の飲み物だろう。私は特に笑福亭鶴瓶の出演しているCMがキョーレツに頭にこびり付く(^^;伊藤園の「天然ミネラル麦茶」が好きだ。家でも冷やした麦茶は連れ合いが「香り薫るむぎ茶」等で沸かして、それを冷蔵庫で冷やしたものを欠かさず用意してくれている。喉が渇く度に冷蔵庫を開け、中からキンキンに冷えた麦茶が入っているボトルを取り出し、コップになみなみ注いで一気に飲む。その時に頭にキーンと来るような冷たさと、風味とで織りなす爽快感は、他の飲料の追随を許さない。それを空いた500mlのペットボトルに入れて、会社に持って行き、会社でも麦茶を楽しんでいるのである。

そんな「夏の飲み物」麦茶であるが、実は「夏バテ防止の効果も高い」ことはどのくらいの人が知っているだろうか。実は私は最近知ったのだが、All Aboutの情報によると、2000年くらいに「麦茶を飲むと血行が良くなる」テレビで紹介されたらしく、カゴメ総合研究所(栃木県那須塩原市)等の研究の結果、麦茶の香ばしい香り(「ピラジン」という成分)が血流を向上させる効果があるということがわかったそうだ(ニュースリリース)。なるほど、水分を摂りすぎると胃液が薄まり消化機能を妨げ、夏バテの原因になることは有名だが(参考ページ)、麦茶だと飲みすぎなければ夏バテに有効ということだろう。

暑いからと言ってジュース等の糖分を含む飲料を飲むと余計に喉が渇き、またジュース・・・を繰り返すとカロリーの取りすぎで体に悪いので、喉が渇いたら迷うことなく麦茶(か水)を飲むのがベストだそうだ。確かにコーラ等の炭酸飲料は、飲んだ時に「スカっとサワヤカ」なのだが、後口の甘ったるさで、また結局飲み物が欲しくなり、お茶を買って飲んでしまう。そう思うと、ああいう甘い炭酸飲料は、他の(お茶等の)飲料の売り上げにも少しは貢献しているのではないか?とも考えてしまう(^^;。

夏の暑い時はついつい自動販売機にお金を突っ込み、飲料を買ってしまう。そんな時でも「麦茶」を買うのは、実は渇きも癒されて夏バテも防止できる、いちばん「おトク」な選択なのかも知れない。私も今後は自販機で飲み物を買うときには「麦茶」の優先順位が高くなるだろう。緑茶もあの風味と爽快感は好きなのだが、飲んだ後にカフェインの覚醒効果で少ししんどくなることもあるので(そういう人、結構いると思う)、「麦茶」は私にとって、いちばん安心して飲める飲料でもあるのだ。これからもこの暑い夏を「麦茶」で乗り切ろうと思う。

・・・しかしあんまり飲みすぎてお腹を壊さないようにしないと(^^;。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

睡眠不足?

「今日もぐっすり眠れた」という人がうらやましい。

どうも最近「よく寝た」という感じが全然しない。朝起きると、いつも身体には疲れが残っているのが日常となっている。そんな疲れたまま会社に行くと、事務所に入るとまた程よい空調のせいか、気を抜くとすぐに眠くなってしまう。特に会議や研修等で黙って座っていると、気がつくと舟をこぎ始め、ハッと我に帰ることが多い。少しでも眠気を取ろうと、昼休みや研修の休憩時間に寝たりしても、睡眠不足は解消されることは無い。食後に、ブドウ糖を脳に運ぶのを促進し、眠気を防止する効果があるとされるビタミンB群を摂っても、やはりしばらくすると眠くなってしまう。

眠気防止のためにガムを噛んだりするのだが、噛みながらでも眠たくなる。コーヒーを飲めば数十分は効果があるのだが、「眠くなってはコーヒー」を繰り返していると、今度はカフェインで体調がおかしくなってしまう。眠気とカフェインの覚醒効果が、身体の中で戦っている感じがするのだ(^^;。コーヒーではいちおう昼間の眠気は防ぐことはできるが、家に帰ると強烈な眠気が襲ってくる。そうなると家では何もヤル気が起きず、食事や風呂もそこそこに床に就く間も無く、畳や床で寝てしまっていることもしばしば、こうやって寝てしまうと、また翌日がツラくなる。

けっして「夜に眠れない」ワケでは無い。逆に、横になってしまうと、そのつもりは無くてもすぐに眠りに就いてしまうのである。そして気がつけば夜中、なんてことになり、そのまま布団に入り、朝もきっちり決まった時間に目が覚める。睡眠不足だからといって、決して寝坊するなんてことは無いのである。食欲も普通にあり、最近は仕事も普通にこなせるので、精神的な病とかでは無いとは思うのだが、ひとつだけ気になることは、朝起きると首や肩が非常にツラい。おそらく凝っているのだと思う。

確かにシステムエンジニアという仕事柄か、眼を使うことは多く、肩こりもそこかに来ているのかも知れない。最近会社のカバンの中を整理していないので、カバンが重たくなっているのも影響しているのかも知れない。もしかしたら身体がゆがんでいるのか、もしかしたら「いびき」で首や肩に負担をかけているのか、はたまた今流行り(?)の「睡眠時無呼吸症候群」か?・・・とか考えると、それだけでまた夜も眠れなくなる、というのは全くのウソなのだが(^^;。

そして、何となく「睡眠不足」でGoogle検索してみると、松下電工の「眠り相談ソフト」にたどり着いた。どれどれと思って早速試してみると、31個の質問に答えた後、最後に「眠り健康度」を100点満点で出してくれる。私はというと・・・「47点です。いますぐ睡眠の改善が必要です。」という結果だった(^^;。特に「睡眠の質」や「寝起き」、「日中のスッキリ性」が悪いらしく、朝に軽い運動をし、日中に仕事や趣味に打ち込むと、夜にぐっすりと眠れるみたいだ。なるほど、個人が漠然と考えたりするより、こうやってアドバイスを受けられるのはウレシイ。私はなんとなく「快眠への糸口」を見つけられた気がした。

・・・それだけで少しは安心して眠れそうだ(単純なヤツ)。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)